野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高井保弘氏が残した偉大な功績とは… 代打本塁打27発は未踏のプロ野球記録

阪急ブレーブスで通算27本の代打本塁打記録を樹立した高井保弘氏が12月13日、死去した。74歳だった。

高井保弘氏は通算27本の代打本塁打記録を樹立している
高井保弘氏は通算27本の代打本塁打記録を樹立している

1964年に名古屋日産モーターから阪急に入団した高井氏

 阪急ブレーブスで通算27本の代打本塁打記録を樹立した高井保弘氏が12月13日、死去した。74歳だった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 高井氏は1945年2月1日、愛媛県今治市に生まれた。同学年には大杉勝男、大下剛史、安仁屋宗八などがいる。地元の今治西高時代から強打者として知られ、名古屋日産モーターを経て1964年に阪急ブレーブスに入団した。

 右打ちの一塁手だった高井氏だったが、入団時、阪急には石井晶という正一塁手がいたうえに、二塁が本職のダリル・スペンサーも一塁を守ったため出番がなかった。170センチ93キロという体型でもあり、守備でも難があった。

 しかし、2軍では圧倒的な打棒を見せたため、次第に注目され1966年に1軍初出場。1967年9月2日、日生球場の近鉄戦で決勝3ランを放ち、これがプロ入り初ホームラン。そして代打本塁打1号でもあった。1968年は1軍出場なし。69年も9試合の出場にとどまった。

 1970年に高井は5本塁打を放つが、このうち3本が代打本塁打だった。投手の癖を見抜くのがうまく、球種を絞り込んで一振りで決める勝負強さに定評があった。

 高井が注目を集めたのは1974年だった。当時のNPBの通算代打本塁打記録は中西太と穴吹義雄の13本。開幕前の段階で通算代打本塁打が10本だった高井は4月17日の日本ハム戦、4月24日の太平洋戦、5月19日の日本ハム戦と代打本塁打を打ち、中西、穴吹の記録に並んだ。

 そして6月28日、平和台球場の太平洋戦で東尾修から代打本塁打を打ち、NPBの通算代打本塁打記録を更新。高井の名前は全国的に知られるようになった。この年のオールスター戦にも選出され、第1戦で松岡弘からオールスター史上初となる代打逆転サヨナラ本塁打を打った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」