野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平がMVPに輝くには? 米名物記者が目標設定「フルタイム」「10勝、20発…」

今季の二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平投手。18年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で打者一本で臨んだ昨季は5月7日の敵地・タイガース戦で復帰。106試合出場し、打率.286、18本塁打。自己最多の62打点をマークした。米ヤフー・スポーツの敏腕記者、ジェフ・パッサン記者はFull-Countのインタビューに応じ、今季の活躍を高く評価すると同時に、来季の課題、さらには日本人2人目のMVP獲得を期待した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米ヤフースポーツ敏腕記者ジェフ・パッサン氏が打者一本で臨んだ大谷を評価「新人王がマグレでなかったと裏付けた」

 今季の二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平投手。18年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた影響で打者一本で臨んだ昨季は5月7日の敵地・タイガース戦で復帰。106試合出場し、打率.286、18本塁打。自己最多の62打点をマークした。米ヤフー・スポーツの敏腕記者、ジェフ・パッサン記者はFull-Countのインタビューに応じ、今季の活躍を高く評価すると同時に、来季の課題、さらには日本人2人目のMVP獲得を期待した。

 パッサン記者は18年の新人王投票で大谷に1位票を投じている。開票後に「大谷が成し遂げたことは歴史的なこと。素晴らしい打者で、平均以上の投手だ。新人王受賞は当然だ」とツイート。シーズン中は全米を忙しく取材する敏腕記者だが、メジャーでも稀有な二刀流の、打者としての1年に注目していた。

「彼の打撃が本物だということを、世間に示したと思います。良く知られていますが、私は(メジャー1年目の開幕前に)『彼は打てない』と発言しました。大間違いだったと思います。今季、彼が見せた実力によって、新人王がマグレではなかったという裏付けになったのです。昨年の活躍はまさしく事実であり、彼の打撃、パワー、スピードを見るのが好きでした。ダイナミックな攻撃ができる選手です」

 大谷は昨シーズン終盤の9月13日(同14日)に左膝の分裂膝蓋骨を手術。チームのポストシーズン進出が消滅したこともあって、今季へ万全を喫した形だが、この決断にも理解を示した。

「健康でいることは、どんな時でも良いことだと思います。長期的に見ても問題化する類のものだとしたら、今、対処しておく方が良い。腕の怪我から復帰した選手が、その他の怪我のリハビリに時間を使うとなると、不安にかられるものですから」

 トミー・ジョン手術と投手の関係をめぐる著書「豪腕」で知られているパッサン記者。右肘のトミー・ジョン手術のリハビリがいかに困難かを分かっている。ましてや、前例のない二刀流選手のトミー・ジョン手術からの復帰。年間のイニング数など制限がかかるが、具体的な起用法は1月下旬までに決まる見通しだ。

「エンゼルスの起用法に、私は非常に興味を持っています。手術を経験したということで、特に彼がDHとして出場する機会の多さ、野手として出場する可能性、投手として出場する頻度に関してです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」