野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • 阪神藤川、西武松坂&内海らベテランに期待、鷹サファテは… 今季達成が予想される投手記録

阪神藤川、西武松坂&内海らベテランに期待、鷹サファテは… 今季達成が予想される投手記録

毎年球界をにぎわせる大記録の達成だが、今季も多くの記録に大手がかかっている。ベテランから若手まで、さまざまな投手が狙う達成間近の記録を選手別に見てみたい。

2つの大記録達成が期待される西武・松坂大輔【写真:編集部】
2つの大記録達成が期待される西武・松坂大輔【写真:編集部】

巨人のエース菅野は通算100勝まで残り13勝、西武のベテラン内海は2000投球回、1500奪三振なるか

 毎年球界をにぎわせる大記録の達成だが、今季も多くの記録に大手がかかっている。ベテランから若手まで、さまざまな投手が狙う達成間近の記録を選手別に見てみたい。

○内海哲也(西)2000投球回 1500奪三振
 昨季は1軍登板なしに終わる悔しいシーズンとなった内海。2000投球回まで残り31回、1500奪三振まで残り4奪三振と達成間近の記録が控える今季、どのような復活劇をみせるのだろうか。

○藤川球児(神)250セーブ 800試合登板
 39歳で迎える今季は、250セーブまで残り9セーブ、800試合登板まで残り34試合としており、どちらも達成が大いに見込める。昨季は防御率1.77と安定した投球で16セーブ、23ホールドを挙げ、年齢を感じさせない活躍を見せたが、今季も再び輝くか。

○宮西尚生(日)700試合登板
 2008年のプロ入り以来、シーズン50試合以上に登板し続けている宮西。残り16試合登板はクリアできる数字だろう。昨季は55試合に登板し、キャリアハイの43ホールドを挙げたが、今季も再び守護神として活躍できるか。

○菅野智之(巨)100勝
 エースとして毎年2桁勝利を達成してきた菅野は、残り13勝で通算100勝に到達。昨季は故障もあって22試合登板で11勝6敗としたが、本来の実力でシーズンを過ごせれば13勝は期待できる数字だ。

○デニス・サファテ(ソ)250セーブ
 2018年に5セーブを記録した後、股関節の手術を受けて懸命なリハビリを続けているが、今季こそ復活し、節目の記録達成を期待したい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」