野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の獲得失敗を教訓に… 秋山争奪戦を制したレッズ首脳「1番目に動いたことが…」

大谷翔平の獲得失敗を教訓に… 秋山争奪戦を制したレッズ首脳「1番目に動いたことが…」

西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手は3年2100万ドル(約23億円)でレッズと契約を結んだ。レッズのディック・ウィリアムズ編成本部長は地元シンシナティのラジオ局「700WLW」に出演し、秋山獲得の理由、契約に至るまでの経緯などを語っている。番組は秋山の入団会見翌日の1月10日に収録されたようだ。

レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】
レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】

レッズ編成本部長が地元ラジオ番組に出演、秋山獲得までの経緯などを明かす

 西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手は3年2100万ドル(約23億円)でレッズと契約を結んだ。レッズのディック・ウィリアムズ編成本部長は地元シンシナティのラジオ局「700WLW」に出演し、秋山獲得の理由、契約に至るまでの経緯などを語っている。番組は秋山の入団会見翌日の1月10日に収録されたようだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 番組では司会のランス・マカリスター氏が、レッズが数年前からアジア市場に注力してきたことを指摘。するとウィリアムズ氏はこう答えた。

「ここ数年間取り組んできたこと、環太平洋地域で存在感を高めること、それがいつ実を結ぶかは分かりませんでしたが、今回のことは間違いなく投資への大きな見返りとなりました」と強調。「数年前にポスティング制度が変更となり、金額も変わりました。我々は大きなマーケットの球団ではないため、選手獲得のためには、どの場所も見過ごせないことは分かっていました」と、ここ数年間取り組んできたことが実を結んだと語った。

 マカリスター氏は次に、レッズが一番最初に秋山側に資料を送り、面談し、オファーしたと指摘したところ、ウィリアムズ氏はこう答えている。

「すぐに動き、誠意を尽くすことが重要だということは、ショウヘイ・オオタニの時に学びました。求められていると感じたいということは多くの選手に見られますが、特に日本の文化では、1番目に動いたことが大きく評価してもらえます」。

 レッズは2017年オフ、ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指したエンゼルス大谷翔平投手争奪戦に参戦も、実際に交渉の席に着くことはなかった。その反省を生かし、今回は迅速に動いたことを明かした。

「だからアグレッシブに動き、彼がまだ日本にいる時に代理人を通して資料を送りました。面談の機会を本当に楽しみにしていました。そこでお互いを理解し合うことができます。我々のビジョンをうまく伝えられたと思います。チームの方向性、彼がどのようにフィットするか、シンシナティでの生活などについて話し、彼は熱心に聞いてくれました。いい感触を得ました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」