野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 秋山翔吾
  • 8年越しの“秋山愛”を実らせたレッズ “無名”の存在だった2013年から調査

8年越しの“秋山愛”を実らせたレッズ “無名”の存在だった2013年から調査

西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手は3年2100万ドル(約23億円)でレッズと契約を結んだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」はレッズが獲得に至った経緯を詳報。西武入団3年目の2013年から目を付けていたことやシンシナティにある日米協会に携わる男女2人が大きな役割を果たしたことなどを伝えている。

レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】
レッズ・秋山翔吾【写真:Getty Images】

秋山との面談では地元日米協会の職員らも尽力

 西武から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手は3年2100万ドル(約23億円)でレッズと契約を結んだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」はレッズが獲得に至った経緯を詳報。西武入団3年目の2013年から目を付けていたことやシンシナティにある日米協会に携わる男女2人が大きな役割を果たしたことなどを伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 記事によると、シンシナティにある日米協会のエグゼクティブ・ ディレクターを務めるゴールデンさんが、レッズのディック・ウィリアムズ編成本部長からテキストメッセージを受け取ったのは12月10日の夜9時半ごろだった。サンディエゴでのウインターミーティングに参加していたウィリアムズ氏らレッズ首脳はその日に秋山と面談していたという。

 面談で秋山と代理人は、シンシナティについて質問。シンシナティには、日本語のネイティブスピーカーがいるか尋ねたという。ウィリアムズ氏がゴールデンさんにコンタクトを取ったのはこの時だった。

 ウィリアムズ氏は、かつてゴールデンさんに連絡したことがあったという。それは、レッズが大谷翔平との契約を模索していた2年前のオフだった。そして、今回再び、秋山獲得に向けてゴールデンさんに連絡を取った。

 ゴールデンさんはすぐに日米協会の役員会メンバーのカズ・コムネ氏にテキストメッセージを送った。コムネ氏はアメリカに留学する前、日本の高校の野球部でセンターを守り先頭打者だった。5分後にはコムネ氏は、秋山と代理人と電話で話を始めたという。

 記事によると、コムネ氏は秋山に、シンシナティには約2000人の日本人がいて日本の有名な会社もあると説明。これが秋山の不安を減少させたかもしれないとしている。

 また、レッズは秋山との面談に小冊子を用意していた。2年前に大谷のために作成したものを、秋山に合わせてアップデートしたものだという。秋山は大谷より6つ年上。妻と2人の幼い男の子もいる。家族もシンシナティで時間を過ごすことになるためだった。

 コムネ氏を電話口に呼び出したのは彼らを安心させるためで、ウィリアムズ氏はこれが成功したと感じたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」