野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

帝京は11年夏以来、西武台は32年ぶりならず 惜しくも選出されなかった学校は?

第92回選抜高校野球大会の出場32校(3月19日開幕)が発表された。明治神宮大会優勝の中京大中京(愛知)や名門・大阪桐蔭などが選出された。一方で注目された関東の6校目は花咲徳栄(埼玉)に決まり、2011年夏以来の出場が期待された帝京(東京)や、1988年春以来2度目の甲子園を目指した西武台は選ばれなかった。悔しさをバネに夏の甲子園出場を期待したい。

出場32校が出揃う一方で、惜しくも出場を逃した有力校が多数あった
出場32校が出揃う一方で、惜しくも出場を逃した有力校が多数あった

帝京は昨秋の東京大会準優勝も…関東6校目は花咲徳栄選出、東海3校目は加藤学園

 第92回選抜高校野球大会の出場32校(3月19日開幕)が発表された。明治神宮大会優勝の中京大中京(愛知)や名門・大阪桐蔭などが選出された。一方で注目された関東の6校目は花咲徳栄(埼玉)に決まり、2011年夏以来の出場が期待された帝京(東京)や、1988年春以来2度目の甲子園を目指した西武台は選ばれなかった。悔しさをバネに夏の甲子園出場を期待したい。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

【選出されなかった主な学校】

○関東・東京

▼帝京(東京)
 過去春14回、夏12回出場、全国制覇3回(春1回、夏2回)を誇る名門が、昨秋の東京都大会で準優勝し、2011年夏以来9年ぶりの甲子園出場が期待されたが、惜しくも届かず。188センチの長身左腕・田代涼太はプロも注目する大器。

▼西武台(埼玉)
 昨秋の関東大会準々決勝で、健大高崎に9回サヨナラ負け。勝っていれば1988年センバツ以来、春夏を通じて2度目の甲子園が濃厚だっただけに惜しまれる。左腕・増田優真の父・要さんはOBでセンバツ出場時のレギュラー。

▼習志野(千葉)
 昨年のセンバツでは準優勝。3季連続甲子園を目指したが、昨秋の関東大会は準々決勝で東海大相模に完敗した。攻守にセンスの良さをうかがわせる遊撃手の角田勇斗はプロ注目。

▼桐光学園(神奈川)
 昨秋の関東大会はベスト8止まり。当時2年生の松井裕樹(現楽天)が活躍した2012年夏以来の甲子園を逃した。中学時代にU-15日本代表だった左腕・安達壮汰がエースで4番の大黒柱。

○東海

▼藤枝明誠(静岡)
 昨秋の静岡県大会を制し、東海大会も準決勝に進出したが、そこで優勝した中京大中京に5-12の8回コールド負けを喫した戦いぶりが痛かった。センバツ初、2017年夏以来の甲子園は遠かった。東海3校目は静岡2位の加藤学園だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」