野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

レイズ移籍の筒香嘉智が激白 「やるかやられるか」の覚悟、渡米へグラブは3種類

横浜DeNAベイスターズからポスティングシステムを利用してタンパベイ・レイズへの移籍が決まった筒香嘉智外野手。“ハマの主砲”を卒業し、アメリカへと飛び立つ28歳スラッガーが「Full-Count」の単独インタビューに応じ、渡米前の現在の心境、新天地への思い、そして第2の故郷・横浜への思いを語った。

今季からレイズでプレーする筒香嘉智【写真:津高良和】
今季からレイズでプレーする筒香嘉智【写真:津高良和】

28歳スラッガーが単独インタで語った心境と覚悟【前編】

 横浜DeNAベイスターズからポスティングシステムを利用してタンパベイ・レイズへの移籍が決まった筒香嘉智外野手。“ハマの主砲”を卒業し、アメリカへと飛び立つ28歳スラッガーが「Full-Count」の単独インタビューに応じ、渡米前の現在の心境、新天地への思い、そして第2の故郷・横浜への思いを語った。

 2回シリーズでお届けする前編では、筒香が抱く「やるかやられるか」の覚悟、ホームランへの意識、日本の子どもたちに届けたい姿について迫る。

 ◇ ◇ ◇

 子どもの頃から憧れたメジャーへの移籍が決まった。

 生まれ育ったのは和歌山県橋本市。高野山の麓にある山間の街で、小学生の頃は稲を刈り取った後の田んぼや空き地を走り回りながら、日暮れまで仲間と野球に興じた。この頃、寝る間際まで何度も何度も熱心に見続けたのが、メジャー歴代最多本塁打を誇るバリー・ボンズの打撃映像集。通算762本塁打を誇る稀代のバッターがスタンドへ描く華麗な放物線に、心奪われた。

 時計を早回しすること10余年。筒香は名門・横浜高で超高校級のスラッガーとして注目を集め、ドラフト1位入団した横浜(現DeNA)では10年で通算205本塁打、打率.285、613打点の結果を残す主砲へと成長。日本を代表する打者の1人となった男は、ポスティングシステムを利用し、2019年12月13日、晴れてレイズと2年契約を結んだ。

 憧れの舞台への道は拓けた。だが、そこには安堵感のようなものはない。まだ実際に足を踏み入れたことのない、想像しかできない世界。今、できることは準備を重ねることだけだ。

「これからって感じですよね。いろいろな準備はしますけど、なんせ行ってみないと分からないことがいっぱいあるので、まずは行って体験して、そこで柔軟に対応していくしかないと思います」

 予期せぬ出来事に柔軟に対応できるよう、自分の中に“引き出し”を増やす作業は、これまで筒香が繰り返してきたアプローチと全く変わらない。これまでも、筒香は小手先の技術を磨くのではなく、感覚(=センサー)を研ぎ澄ませながらあらゆる動きに対応できる体を作り、野球で必要な動きと連動させる作業を続けてきた。戦いの舞台が日本からアメリカへ移ろうとも、筒香の基本姿勢は一本筋が通ったままだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」