野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 証券マン転身の元虎助っ人をMLB公式が特集「彗星のように現れてからもう30年」

証券マン転身の元虎助っ人をMLB公式が特集「彗星のように現れてからもう30年」

MLB公式サイトはヤンキースで活躍し、阪神でもプレーしたケビン・マース氏を記憶に残る選手として特集。現在は大手証券会社で働く元虎助っ人がヤンキースでの新人時代を振り返り、チーム愛を語っている。

かつてヤンキースや阪神に在籍したケビン・マース氏【写真:Getty Images】
かつてヤンキースや阪神に在籍したケビン・マース氏【写真:Getty Images】

90年に79試合で21本塁打を放ち、新人王投票2位「全てがホームランになる感じ」

 MLB公式サイトはヤンキースで活躍し、阪神でもプレーしたケビン・マース氏を記憶に残る選手として特集。現在は大手証券会社で働く元虎助っ人がヤンキースでの新人時代を振り返り、チーム愛を語っている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 MLB公式は「マースがルーキーシーズンにニューヨークに彗星のように現れてから、もう30年が経とうとしている」と紹介。1986年ドラフト22巡目でヤンキースに指名されたマースは、1990年6月にデビューすると79試合で打率.252、21本塁打、41打点をマークし、新人王投票でサンディー・アロマーJr.氏(当時インディアンス)に続く2位に入った。マース氏は鮮烈なデビューを「あのスイングをしたら、全てがホームランになるような感じだったよ」と振り返っている。

 当時、ヤンキースの一塁を守っていたのは85年にMVPに輝き、通算2153安打、222本塁打を記録したドン・マッティングリー。「3Aで1か月半の間に13本ホームラン打った。ヤンキースは当時あまり上手くいってなかった。たしか最下位だったかな。だから、僕にチャンスを与えたわけさ」とスターから定位置を奪い取った。

 名門の一員となったマース氏は、ミッキー・マントル氏、ホワイティー・フォード氏、フィル・リズート氏ら伝説の名選手たちに会う機会にも恵まれたという。中でもダグアウトに向かうトンネルでジョー・ディマジオ氏に会った時の思い出を「彼に自己紹介をしたけど凄いオーラがあった。サインを頼む勇気はなかったけど素晴らしい瞬間だった。その日はホームランを2本打ったから、本当に特別な日になったよ」と振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」