野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 35歳元Gオビスポ健在 8回ピンチに登板、三振斬りでドミニカ共和国代表Vに貢献

35歳元Gオビスポ健在 8回ピンチに登板、三振斬りでドミニカ共和国代表Vに貢献

中南米各国ウインターリーグの王者たちのNo.1の座を決めるカリビアンシリーズの決勝が7日(日本時間8日)、プエルトリコの首都サンファンで行われ、ドミニカ共和国代表のトロス・デル・エステがベネズエラ代表のカルデナレス・デ・ララを9-3で下し、球団史上初、同国としては20回目となるカリブの頂点に輝いた。

メキシコ代表として出場し、ベストナインに選出された元オリックスのジョーイ・メネセス【写真:荒川祐史】
メキシコ代表として出場し、ベストナインに選出された元オリックスのジョーイ・メネセス【写真:荒川祐史】

リノ・リベラ監督「素晴らしいチーム。勝てて嬉しい」

 中南米各国ウインターリーグの王者たちのNo.1の座を決めるカリビアンシリーズの決勝が7日(日本時間8日)、プエルトリコの首都サンファンで行われ、ドミニカ共和国代表のトロス・デル・エステがベネズエラ代表のカルデナレス・デ・ララを9-3で下し、球団史上初、同国としては20回目となるカリブの頂点に輝いた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 6-3で迎えた8回2死一、三塁のピンチ。ドミニカは1発打たれれば同点という場面で、かつて巨人、日本ハムでプレーしたセットアッパー、ウィルフィン・オビスポ投手を投入した。前日の準決勝、プエルトリコ戦でも1回2/3を投げていた35歳右腕は、疲れを見せることなく、キューバ出身でメジャー通算29本塁打の指名打者アドニス・ガルシアから簡単に2ストライクを奪うと、内角直球で空振りを奪い、3球三振に。ピンチを切り抜けると、2度のガッツポーズの後、何度も胸を叩いてベンチに向かい、喜びを爆発させた。

 接戦を勝ち抜いての優勝だった。6チーム総当たりだった1次リーグでは、4勝のうち3勝が1点差。プエルトリコとの準決勝も1点差での勝利だった。5-4で勝利した5日のプエルトリコ戦では元中日の42歳左腕、ラウル・バルデス投手が先発した。

 現地報道によると、ドミニカ共和国のリノ・リベラ監督は「このチームはレギュラーシーズンだけでなく、全ての期間を通じて素晴らしいチームだった。才能のある選手たちがおり、逆境の乗り越え方、勝ち方を知っていた。勝てて本当に嬉しい」と話した。

 敗れたベネズエラは、30代のベテランが多い中、健闘しての準優勝だった。国内の政治情勢の影響で、MLB機構は昨年8月、マイナーも含めたMLB所属選手に対し、ベネズエラのウインターリーグへの参加禁止を決めた。同機構は同リーグのレギュラーシーズンが閉幕する約2週間前にこの決定を解除。ベネズエラ政府寄りの2チームを除く6チームに対してはMLB傘下の選手のプレーを容認したが、時、既に遅かった。

 各チームは夏場にメキシカンリーグでプレーしていたベテラン勢や、昨季まで、ベネズエラよりもレベルの劣るコロンビアのウインターリーグでプレーしていた選手たちを呼び寄せ、チームを編成した。今回、ベネズエラの4番を務めたのは元ヤクルトで昨夏、メキシコのブラボス・デ・レオンでプレーしたカルロス・リベロ内野手。同じく主軸には、かつて関西独立リーグの神戸に所属し、昨冬はコロンビアでプレーしていたオスマン・マルバル内野手が座ったが、チーム全体を見れば例年よりも戦力ダウンは否めなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」