野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

高橋礼、甲斐野らキャンプだけで7人も… 怪我人続出の鷹、投手陣どうなる?

ソフトバンクに怪我人が相次いでいる。宮崎での春季キャンプ第4クール初日、昨季セットアッパーとして65試合に登板した甲斐野央投手が右肘の違和感で離脱。「右肘内側側副靭帯の一部損傷」と診断され、開幕は絶望的となった。

ソフトバンク・高橋礼(左)と甲斐野央【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋礼(左)と甲斐野央【写真:藤浦一都】

15日に甲斐野が「右肘内側側副靭帯の一部損傷」で離脱

 ソフトバンクに怪我人が相次いでいる。宮崎での春季キャンプ第4クール初日、昨季セットアッパーとして65試合に登板した甲斐野央投手が右肘の違和感で離脱。「右肘内側側副靭帯の一部損傷」と診断され、開幕は絶望的となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 また、左太もも裏を痛めていた昨季12勝の高橋礼投手は「左大腿二頭筋の炎症」と診断。全治まで2週間ほどの見込みとなった。今季は東京五輪開催のため例年より早く3月20日に開幕する。高橋礼も開幕に間に合うか、微妙な状況だ。

 甲斐野と高橋礼の他にも、すでに投球練習を再開しているものの、千賀滉大投手が右ふくらはぎの張りで出遅れ。椎野新投手が右肩、田中正義投手が右肘の違和感で、大竹耕太郎投手が左前腕部筋損傷でそれぞれ離脱している。

 ここまで主力の集うA組だけで9人の故障者が出ているソフトバンク。投手だけで7人となり、不安を抱かざるを得ない状況となっている。

 では、現状でソフトバンクの開幕時のピッチングスタッフはどういった顔触れが予想できるのだろうか。今季は五輪のアメリカ大陸予選が行われ、デスパイネ、グラシアル、モイネロの3選手も不在となることが濃厚だ。

【先発】
千賀滉大
和田毅
バンデンハーク
ムーア
東浜巨

 千賀は投球練習を再開しておりこのまま順調にいけば、開幕には間に合いそう。キューバ勢が不在であることから外国人枠にも余裕があり、現状ではバンデンハーク、ムーアの2人とも先発ローテに入れざるを得ないだろう。ベテランの和田と2017年最多勝の東浜と、順調に調整が進めば、ここまでの5枚は濃厚ではないだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」