野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • サイン盗みア軍への報復死球は「起きる」 Rソックス剛腕セールが予測

サイン盗みア軍への報復死球は「起きる」 Rソックス剛腕セールが予測

アストロズのサイン盗み余波が消えぬままスプリングトレーニングに突入した今季のメジャーリーグ。1月にはMLBから処分が下され、それを受けてアストロズの前GMジェフ・ルーノー氏と前監督のAJ・ヒンチ氏が解任となった。その一方で、2018年に世界一に輝いたレッドソックスにも“疑惑”が持ち上がり、2017年当時アストロズのベンチコーチを務めたアレックス・コーラ監督が退任。ベンチコーチだったロン・レニキー氏を暫定監督に昇格させた。

レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】
レッドソックスのクリス・セール【写真:Getty Images】

セールはRソックス前監督コーラ氏を擁護「この先も敬意を抱く」

 アストロズのサイン盗み余波が消えぬままスプリングトレーニングに突入した今季のメジャーリーグ。1月にはMLBから処分が下され、それを受けてアストロズの前GMジェフ・ルーノー氏と前監督のAJ・ヒンチ氏が解任となった。その一方で、2018年に世界一に輝いたレッドソックスにも“疑惑”が持ち上がり、2017年当時アストロズのベンチコーチを務めたアレックス・コーラ監督が退任。ベンチコーチだったロン・レニキー氏を暫定監督に昇格させた。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現在はMLBの調査結果発表と処分の有無を待っている状況だが、エースのクリス・セール投手がコーラ前監督への「思いは不変」として「この先も愛と敬意を抱いていく」などと語った。地元メディア「マスライブドットコム」が伝えている。

 同メディアは「サイン盗みスキャンダルが浮上した後に、アレックス・コーラはボストン・レッドソックスのエースであるクリス・セールに電話した:僕のコーラへの思いは間違いなく不変」とのタイトルで詳報。サイン盗み疑惑が浮上し始めた時点でコーラ前監督がセールに連絡したという。

 セールは「彼はどんな時でも全く隠し事をしない人だった。(サイン盗み騒動の)プロセスを通じて、彼と話をした。彼はいつも正直。絶対に嘘をついたりはしないんだ」と語り、コーラ前監督が退任した夜に電話をもらったことを明かしている。

 さらにこう語っている。

「僕のコーラのへの思いは不変だよ。彼のことがたまらなく大好きだ。彼は間違いを犯しただろうか? その通りだ。人間は間違いを犯すもの。だけど、彼はこのプロセス全体について誠実だった。辛い話だったけど、これが現実。僕は彼に対してこの先も愛と敬意を抱いていく」

 30歳のセールは2010年にホワイトソックスでメジャーデビュー。16年オフに複数の交換トレードでレッドソックスに移籍した。そしてレッドソックス1年目の2017年、セールはアストロズとの地区シリーズ初戦に先発も5回9安打7失点と炎上し、敗戦投手になっている。この時、コーラ氏はアストロズのベンチコーチだった。

 当時の心境を振り返ったセールは「マウンド上で僕は『彼らはどんな手を使ってやがるんだ?』という感じだったね。彼らは変化球もフェンス越えしていた。その直後に真っすぐも打ち返していた」として、自身の投球を攻略したアストロズ打線に対する疑問を抱いていたことを明かした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」