野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人2軍選手が1軍へ割って入るには? 實松コーチ「どう準備するかが大事」

巨人の實松一成2軍バッテリーコーチは、ファーム選手に「準備」の大切さを説いた。現役時代に阿部慎之助(現2軍監督)を支える2番手捕手としてリーグ3連覇に貢献。昨季まで現役21年間プレーした39歳の新米コーチは、「1番は準備。気持ちの持っていき方がすごく大事になってくると思う。技術を持っている選手もいる。それを1軍で発揮するにはどう準備をするのかが大事になってくる」と熱く語った。

巨人・實松一成2軍バッテリーコーチ【写真:小谷真弥】
巨人・實松一成2軍バッテリーコーチ【写真:小谷真弥】

現役時代は2番手捕手としてリーグ3連覇に貢献「自分のプレースタイルを確立させて…」

 巨人の實松一成2軍バッテリーコーチは、ファーム選手に「準備」の大切さを説いた。現役時代に阿部慎之助(現2軍監督)を支える2番手捕手としてリーグ3連覇に貢献。昨季まで現役21年間プレーした39歳の新米コーチは、「1番は準備。気持ちの持っていき方がすごく大事になってくると思う。技術を持っている選手もいる。それを1軍で発揮するにはどう準備をするのかが大事になってくる」と熱く語った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1軍キャンプの捕手は小林誠司、炭谷銀仁朗、大城卓三、岸田行倫。実績豊富な面々も揃い、2軍から1軍争いに加わるのは簡単なことではない。「2軍の選手でも育成選手も何かいい物があるからジャイアンツのユニホームを着ている。でも、それだけでは1軍にいけない」という實松コーチは、準備の大切さを力説した。

「体の準備はもちろん、捕手だったら投手とのコミュニケーション、作戦、データ、投手の調子を把握すること。自分がこれだけやってきたというメンタルの準備も必要。浮ついた準備では、いい結果は出ないと思う。実際に1軍では数少ないチャンスで結果を出さないといけない。1回のチャンスにどれだけ集中できるか。(コーチとしては)メンタル、準備の持っていき方を選手に伝えていきたい」

 巨人の一時代を支えた阿部が昨季限りで現役引退。實松コーチには次世代を支える正捕手の育成に期待がかかる。

「阿部さんは歴代の捕手の中でもすごい捕手。『第2の阿部慎之助』を育てると言うのは、阿部さんにすごく失礼なことだと思う。コーチとしては(そういった人材を)育てないといけないけど、簡単なことではない。阿部さんも(現役時代は)並大抵の努力ではなかったと思う。何かが足らないから2軍にいる。今持っている個々の能力、自分のプレースタイルを確立させて、自分流でいくしかないと思う」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」