野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • メキシカンリーグに初の日本人トレーナー 昨年までメッツ傘下で活躍の有馬大智氏

メキシカンリーグに初の日本人トレーナー 昨年までメッツ傘下で活躍の有馬大智氏

メキシカンリーグのヘネラレス・デ・ドゥランゴは26日(日本時間27日)、日本人の有馬大智氏がトレーナーとして入団することを発表した。夏シーズンに同リーグのチームで日本人がトレーナーを務めるのは初めて。

プエルトリコのインディオス・デ・マヤグエスにも所属していた有馬氏(左)【写真提供:有馬大智】
プエルトリコのインディオス・デ・マヤグエスにも所属していた有馬氏(左)【写真提供:有馬大智】

有馬氏はWLではメキシコ、プエルトリコのチームで勤務の経験がある

 メキシカンリーグのヘネラレス・デ・ドゥランゴは26日(日本時間27日)、日本人の有馬大智氏がトレーナーとして入団することを発表した。夏シーズンに同リーグのチームで日本人がトレーナーを務めるのは初めて。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 有馬氏は昨年までメッツ傘下のマイナーチームでトレーナーを務めており、ウインターリーグでは16年にメキシコのベナードス・デ・マサトラン、17、18年にはプエルトリコのインディオス・デ・マヤグエスでも勤務。スペイン語、英語にも堪能だ。日本のソフトバンクでもインターンのトレーナーとして働いていたことがある。

 ドゥランゴは、元ルートインBCリーグ武蔵の151キロ右腕、安河内駿介投手が招待選手(練習生)としてキャンプに参加予定。有馬氏はトレーナーの立場ながら、語学面での安河内のサポートも期待されそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」