野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

高卒、大卒、社会人卒…大成した選手が多いのは? ベストナイン、GG賞から紐解く

指名打者制度を採用しているパ・リーグにおいても、各球団のレギュラーとしてプレーできる選手は多くて9人だ。そんな中で、年間を通して最も優れた選手を各ポジションごとに決める「ベストナイン」と「三井ゴールデン・グラブ賞」に選ばれる選手となると、その数はさらに限られてくる。それぞれの賞のハードルの高さもあって、選手たちにとっては一つの勲章でもあるだろう。

ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

レギュラーという狭き門の先にある2つの勲章、全体の過半数を超える一大勢力となったのは……

 指名打者制度を採用しているパ・リーグにおいても、各球団のレギュラーとしてプレーできる選手は多くて9人だ。そんな中で、年間を通して最も優れた選手を各ポジションごとに決める「ベストナイン」と「三井ゴールデン・グラブ賞」に選ばれる選手となると、その数はさらに限られてくる。それぞれの賞のハードルの高さもあって、選手たちにとっては一つの勲章でもあるだろう。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 これらのタイトルを争うライバルは、当然ながら他球団でレギュラーの座についている実力者たちだ。その競争の激しさゆえに、一般的には、打撃面、ないしは守備面において、卓越したプレーを見せなければ手が届かない賞である。それゆえに、受賞者たちはプロとして一定以上の成功を収めた選手であると考えても差支えないのではなかろうか。

 そこで、今回は直近5年のパ・リーグにおけるベストナインとゴールデングラブ賞の受賞者を「高校卒、大学卒、社会人卒、独立リーグ出身、外国籍選手」と、それぞれの最終所属によって分類(日本の教育機関出身の外国籍選手は最終所属に準拠)。大成を果たした選手たちの最終所属の割合はどのようになっているのか、調査していきたい。

 まずは、過去5年のベストナインの受賞者たちを振り返っていこう。その顔ぶれと、それぞれの出身チームは以下の通りだ。

【2015年】
○投手
日本ハム 大谷翔平:高卒
○捕手
西武 炭谷銀仁朗:高卒
○一塁手
日本ハム 中田翔:高卒
○二塁手
日本ハム 田中賢介:高卒
○三塁手
西武 中村剛也:高卒
○遊撃手
日本ハム 中島卓也:高卒
○外野手
西武 秋山翔吾:大卒
ソフトバンク 柳田悠岐:大卒
ロッテ 清田育宏:社会人卒
○指名打者
ソフトバンク 李大浩:外国籍選手(韓国)

【2016年】
○投手
日本ハム 大谷翔平:高卒
○捕手
ロッテ 田村龍弘:高卒
○一塁手
日本ハム 中田翔:高卒
○二塁手
西武 浅村栄斗:高卒
○三塁手
日本ハム レアード:外国籍選手(米国)
○遊撃手
ロッテ 鈴木大地:大卒
○外野手
ロッテ 角中勝也:独立リーグ出身
オリックス 糸井嘉男:大卒
日本ハム 西川遥輝:高卒
○指名打者
日本ハム 大谷翔平:高卒

【2017年】
○投手
西武 菊池雄星:高卒
○捕手
ソフトバンク 甲斐拓也:高卒
○一塁手
楽天 銀次:高卒
○二塁手
西武 浅村栄斗:高卒
○三塁手
楽天 ウィーラー:外国籍選手(米国)
○遊撃手
ソフトバンク 今宮健太:高卒
○外野手
ソフトバンク 柳田悠岐:大卒
西武 秋山翔吾:大卒
日本ハム 西川遥輝:高卒
○指名打者
ソフトバンク デスパイネ:外国籍選手(キューバ)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」