野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“フライボール革命の申し子”JFE東日本・今川の魅力 NPBスカウトが注目した個性

異色の今秋ドラフト候補がいる。東海大四高(現東海大札幌高)、東海大北海道を経てJFE東日本に入社したスラッガーで、昨年7月の都市対抗野球でいきなり優勝、自身も若獅子賞(新人賞)に輝き、勝負の社会人2年目を迎えた今川優馬外野手である。

JFE東日本・今川優馬【写真:宮脇広久】
JFE東日本・今川優馬【写真:宮脇広久】

ロッテスカウト「1番いいのは、楽しそうに野球をやっていること」

 異色の今秋ドラフト候補がいる。東海大四高(現東海大札幌高)、東海大北海道を経てJFE東日本に入社したスラッガーで、昨年7月の都市対抗野球でいきなり優勝、自身も若獅子賞(新人賞)に輝き、勝負の社会人2年目を迎えた今川優馬外野手である。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2月28日のオリックス2軍との練習試合(宮崎・清武)では、「2番・中堅」で出場し、3打席目にジャンプした二塁手のグラブをはじく強襲安打を放って4打数1安打1四球。2盗塁で俊足も披露した。印象的なのは、アッパー気味のスイングでかち上げる“フライボール革命の申し子”と呼びたくなるような打法、そしてプレー中も絶やさぬ笑顔だ。

 この試合をネット裏で視察した、ロッテの永野吉成プロ・アマスカウト部長は「3拍子そろっているが、何より1番いいのは、楽しそうに野球をやっていること。ボールの下半分をたたいてフライを打ち上げる打法もいい。プロは個性が大事ですから」と目を細めた。

 そういったところがファンの心をつかむのか、今川のTwitterのフォロワーはアマチュア選手離れした1万4000超にのぼる。同ツイッターで2日前の26日には、西武・山川のフリー打撃の動画を掲載し、「オフだから近くでキャンプしてるオリックスと西武の試合観にきた! 飛ばす 見ててなまら興奮した笑 モチベーション上がる」とプロの技術を逐一チェック。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」