野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “リアル二刀流”大谷翔平をNY紙が徹底特集 「話題がまたホットになってきた」

“リアル二刀流”大谷翔平をNY紙が徹底特集 「話題がまたホットになってきた」

今季は二刀流として投打での活躍が期待されるエンゼルスの大谷翔平投手。28日(日本時間29日)に行われたオープン戦で待望の初安打を放つなど順調な調整を続けている。知将として知られるジョー・マドン新監督が大谷を今シーズンどのように起用するかにも注目が集まっている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マドン監督は“リアル二刀流”の可能性を示唆「彼が良くなったら、そうしたい」

 今季は二刀流として投打での活躍が期待されるエンゼルスの大谷翔平投手。28日(日本時間29日)に行われたオープン戦で待望の初安打を放つなど順調な調整を続けている。知将として知られるジョー・マドン新監督が大谷を今シーズンどのように起用するかにも注目が集まっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2018年に二刀流として活躍した大谷は“リアル二刀流”としての出場した試合はない。NPB時代に遡ると、日本ハム時代には計14試合で投打同時に出場し、通算成績は投手で9勝1敗、防御率1.28。打者では打率.286、1本塁打、5打点の成績を残している。マドン監督は今季中の“リアル二刀流”での起用については「もちろん(検討する)。そうすれば年間さらに50打席ほど増えることになる」と前向きな姿勢を示していた。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは、ア・リーグの球場でも2つの仕事をこなすかもしれない」として、マドン監督が考える、投手として投げながらも打席に立つ“リアル二刀流”での出場可能性について特集している。

 指名打者制度を採用していないナ・リーグの球場で大谷が投手として先発した際には、必然的に打者としても打席に立つことになる。その際に指揮官はなるべく多く打席に立つ機会を与えるために先頭打者での起用を思い描いている。

 さらに、指名打者制度を採用するア・リーグ球場での試合においても同様の起用法を検討しているようだ。その場合、指名打者を使用せずにスタメンを組むことになるがこれについて「彼が良くなったら、そうしたいと思っている」と、マドン監督が発言したことを紹介。さらにこう続けている。

「彼は、他の誰とも違っている。彼は、球界で最高の投手になるかもしれない。それと同時に、最高の打者にもなる可能性がある。彼の腕が、どれくらい耐えれるかにかかっている。私は、彼が健康になれば、大丈夫だと思っている」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」