野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

竜の守護神の座は“一騎打ち” 無欲な岡田と貪欲の藤嶋、血行障害克服した対照的な2人

重責を担う。今季のチームを占う上で、最終回の安定は欠かせない。7年連続Bクラスからの脱却を目指す中日のクローザー候補には、11年目の岡田俊哉投手と4年目の藤嶋健人投手の名前が挙がる。ともに血行障害を乗り越えた2人。状態を見極める首脳陣が判断の材料として重要視しているのは、結果ではないという。

中日・藤嶋健人(左)と岡田俊哉【写真:小西亮】
中日・藤嶋健人(左)と岡田俊哉【写真:小西亮】

中日の守護神争いは11年目の岡田と4年目の藤嶋による事実上の“一騎打ち”

 重責を担う。今季のチームを占う上で、最終回の安定は欠かせない。7年連続Bクラスからの脱却を目指す中日のクローザー候補には、11年目の岡田俊哉投手と4年目の藤嶋健人投手の名前が挙がる。ともに血行障害を乗り越えた2人。状態を見極める首脳陣が判断の材料として重要視しているのは、結果ではないという。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 日差しの下では半袖でも汗ばむ沖縄・北谷球場。チームにとってオープン戦開幕となった2月22日の阪神戦で、岡田が9回に登板。被安打1の1回無失点にも「1つ1つのボールの精度を上げていく。ブルペンでおさらいしながら、今年の自分というのを作っていかないといけません」と淡々だった。翌23日のDeNA戦の9回には藤嶋がマウンドへ。2奪三振で3者凡退に仕留め「体の開きが早かった部分はしっかり修正できていた」とうなずいた。

 昨季チームは鈴木博志投手に開幕から守護神を託したが、制球難もあって6月以降は2軍暮らしが長かった。代わって9回に座ったライデル・マルティネス投手は今季、キューバ代表として東京五輪の米大陸予選に参加するためシーズン開幕時には不在なる。そんな台所事情の竜リリーフ陣で、大役を担うのは誰か――。キャンプからオープン戦へと向かう中で、岡田と藤嶋の事実上の“一騎打ち”となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」