野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

売上1億円超! 元チア職員が手掛ける中日グッズ改革「大胆に攻めてみました」

色鮮やかな南国らしいデザインが目を引く。中日の春季キャンプが行われた沖縄・北谷球場のグッズ売り場は、常にファンで賑わっていた。2月の1か月間で、売り上げは2年連続の1億円超え。フィーバーを巻き起こした松坂大輔投手が去った今季もなお好調を維持できたのは、ひとりの女性職員の奮闘も大きかった。

4年間チアドラを務めた荒井なつりさん【写真:小西亮】
4年間チアドラを務めた荒井なつりさん【写真:小西亮】

2014年から4年間チアドラを務めた25歳の荒井なつりさん

 色鮮やかな南国らしいデザインが目を引く。中日の春季キャンプが行われた沖縄・北谷球場のグッズ売り場は、常にファンで賑わっていた。2月の1か月間で、売り上げは2年連続の1億円超え。フィーバーを巻き起こした松坂大輔投手が去った今季もなお好調を維持できたのは、ひとりの女性職員の奮闘も大きかった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 商品を手に取る客に、柔和な笑顔で対応する。「どうぞ見ていってくださーい!」。北谷球場の一角にあるグッズ売り場。キャンプ最終盤、売り上げが2年連続で1億円を超えると「本当、ひと安心です」と胸をなでおろした。中日の球団職員で、グッズ担当を担う25歳の荒井なつりさんは時折、ファンからサインを求められることもある。コアなドラゴンズファンにとっては、よく知られた存在。球団の公式パフォーマンスチーム「チアドラゴンズ」の元リーダーだ。

 名古屋市出身で、3歳からダンスに没頭。中日ファンの父の影響もあって、ドラゴンズは身近な存在だった。大学在学中にチアドラのオーディションを受けて合格。2014年から4年間務め、最後の1年はリーダーの大役も担った。踊りを通して貢献したかったのは、ファン層の拡大。「私の友達なんかも、野球っておじさんのイメージを持っている子が多い。だから、もっと女性や子どもたちにも来てほしくて。ダンスがひとつのきっかけにならないかと思ってやっていました」

 17年限りでチアドラを卒業。ダンスへの思いは強く、各方面のオーディションを受けたがなかなか吉報は届かなかった。そんな中、球団職員から声を掛けてもらったのがきっかけで心機一転、新たな挑戦を決意。球団職員となり、グッズ担当を任された。売り上げや在庫の管理をしたり、売り手と製造者の仲介役をしたりと、想像以上に地味な仕事に当初は戸惑うことも。「数字を扱うことが多くて……。ずっとパソコン打ってる感じです」と苦笑する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」