前西武ヒース、BC富山に2年ぶり復帰 「再度NPBの舞台でプレーできるように…」

2019年まで西武に所属していたデュアンテ・ヒース【写真:荒川祐史】
2019年まで西武に所属していたデュアンテ・ヒース【写真:荒川祐史】

ヒースは2018年3月から約2か月間BC富山に在籍していた

 独立リーグのルートインBCリーグ富山GRNサンダーバーズは9日、ツイッターを更新。昨季まで西武に在籍していたデュアンテ・ヒース投手の加入を発表した。ヒースは2018年3~5月に富山に在籍。2年ぶりの復帰となる。背番号は43。

 富山はツイッターでヒースのコメントを発表。34歳の右腕は「また富山でプレーできることをとても楽しみにしています。身体の状態はこれまで以上にとても良いです。富山の勝利に貢献し、再度NPBの舞台でプレーできるよう頑張ります!」とコメントしている。

 ヒースは2014~15年に広島に在籍。その後はメキシカンリーグなどを経て18年に富山に加入した。同年5月に西武に移籍し、13セーブを挙げてリーグ優勝に貢献。昨季は34試合登板2勝3敗2セーブ、防御率3.73に終わり、オフに自由契約になっていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY