野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ入り鳥谷の一問一答、古巣の阪神へ恩返し誓う「甲子園でプレーする姿を」

ロッテ入りが決まった前阪神の鳥谷敬内野手が11日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで井口資仁監督、ナインらに挨拶。その後、報道陣の取材に応じた。主な一問一答は次の通り。

井口資仁監督らに挨拶をするために本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた鳥谷敬【写真:宮脇広久】
井口資仁監督らに挨拶をするために本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた鳥谷敬【写真:宮脇広久】

“旧知の間柄”井口監督の胴上げ誓う「井口監督を胴上げできたら最高」

 ロッテ入りが決まった前阪神の鳥谷敬内野手が11日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで井口資仁監督、ナインらに挨拶。その後、報道陣の取材に応じた。主な一問一答は次の通り。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

──入団が決まった気持ちは。

「また野球ができるということで、感謝していますし、楽しみにしています」

──井口監督からはどんな言葉をかけられたか。

「『一緒に戦いましょう』と。あとは『しっかり2軍の方で調整してきてくれ』と」

──鳥谷選手からは。

「『力になれるようにやります』と」

──ロッテの印象は。

「若い選手が多く、勢いがある。その中で自分が違った形で力になれたらと思います」

──所属先が決まらなかった時期の調整は。

「自分にできることは、決まった時にしっかり体を動かせること。それだけを考えて準備していました」

──現在の調整具合は。

「野球に関して打つ、投げるはやってきました。当然ピッチャーの球を見たり打ったりはできなかったが、それ以外はしっかりやってきました」

──阪神に16年間所属し、初めて新天地でプレーする。

「チームが変われば、環境も変わる。まだ自分ではわからないが、野球選手としてやれることは決まっているので、自分ができることをやっていきたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」