野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス尾形、支配下登録で目指すはクローザー 「毎日本気の勝負がしたいから」

ソフトバンクの尾形崇斗投手が16日、支配下登録された。会見を終えた尾形が報道陣の前で会見では語れなかった本音を語った。

会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗【写真:藤浦一都】
会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗【写真:藤浦一都】

支配下登録の実感は「新しい背番号でマウンドに立ったら」

 ソフトバンクの尾形崇斗投手が16日、支配下登録された。会見を終えた尾形が報道陣の前で会見では語れなかった本音を語った。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 育成同期の砂川リチャード内野手と2人での会見とあって、特別緊張した素振りは見せなかった尾形。会見後、PayPayドームのグラウンドで行われた囲み取材で、さらなる本音が飛び出した。

 まず会見を終えて「まだ実感がわかないです」と語った尾形は「新しい背番号でマウンドに上がる時に、責任感や実感がわいてくると思います。その時は僕の開幕というくらいの気持ちで投げたい」と2桁背番号で上がるマウンドを心待ちにした。

 会見では背番号「39」が森唯斗投手の「38」と千賀滉大投手の「41」の間と表現し「その2投手に負けないように」と語っていたが改めて「千賀さんのように相手チームに絶望を与えるような投手、森さんのように『もう負けた』と思わせる投手でありたい」と説明。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」