野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天銀次&浅村も「よく捕るね」と驚き 本塁打キャッチに挑んだ野球女子と球歴15年捕手

楽天のキャンプ地・久米島で2月3日、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービスの「パーソルグループ」によるイベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。「フリーRUNS」はパ・リーグ各球団へのFA移籍体験として、春季キャンプで主力選手の練習をサポートする企画だ。

「フリーRUNS」楽天編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】
「フリーRUNS」楽天編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】

野球経験のある楽天ファン2名が挑戦

 楽天のキャンプ地・久米島で2月3日、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービスの「パーソルグループ」によるイベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。「フリーRUNS」はパ・リーグ各球団へのFA移籍体験として、春季キャンプで主力選手の練習をサポートする企画だ。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 交通費+宿泊費は全額支給という高待遇。グラウンドを駆け回った暁には賞金1万円とサイン入りグッズもプレゼントされるのだ。今回は「外野を駆け回り、銀次選手のホームラン性の当たりをキャッチしよう!」というテーマのもと、390件の応募者から選ばれた2名の「フリーRUNS」が久米島を訪れた。

 1人目は九州出身ながら楽天ファンの村川千穂さん。教育に携わる仕事をしながら、女子野球のクラブチームに所属する現役プレーヤーで「今日は夢を見に来ました!」と胸が高鳴る。2人目は、田中将大投手の入団をきっかけに楽天を応援するようになった秋田出身の飯詰智樹さん。「僕はずっとキャッチャーをやっていて、外野の経験はほぼゼロです」と話すが、野球歴15年という頼もしい球歴だ。

 午前11時に久米島野球場に出勤した2人はブルペンなどを見学すると、「フリーRUNS」に備えてキャッチボールでウォーミングアップ。球筋はともに力強く、フライを捕る練習では背面キャッチにトライするなど、だんだんと余裕が出てきた様子。それでも、練習を終えた村川さんは「どんな打球が来るか想像がつかないです」とドキドキ。

「ちょっと緊張してきました。銀次さんがどういう打球を打ってくれるか……」と話す飯詰さんは、過去に楽天生命パーク宮城のグラウンド整備のアルバイトをしていたそう。旧知の球団スタッフから「がんばれ! ケガはしないようにな」と声をかけられると笑顔を見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」