野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

6球団スカウト注目の日体大・森が巨人3軍戦で150キロ 結果に不満も感じる可能性

昨秋のドラフト会議前のこと。プロ志望届を提出し、日体大・吉田大喜投手(現ヤクルト)と北山比呂投手(東芝)の取材に日体大の野球部のグラウンドへ。2人のブルペン投球を見終わった後、元中日投手だった辻孟彦コーチに「来年もいい投手がいるんです。ぜひ見ていってください」と声をかけられた。その投手は森博人投手(3年=豊川)だった。当時の最速は154キロ。カーブとの緩急差がすごかった。最上級生になった森が17日、巨人3軍とはいえ、プロ相手のマウンドに立った。6球団のスカウトが見つめていた。

今秋のドラフト上位候補の最速155キロ右腕、日体大・森博人投手【写真:編集部】
今秋のドラフト上位候補の最速155キロ右腕、日体大・森博人投手【写真:編集部】

抜け球ありの押し出し四球…「技術不足」と本人反省、G内田スカウト「まだまだこれから」

 昨秋のドラフト会議前のこと。プロ志望届を提出し、日体大・吉田大喜投手(現ヤクルト)と北山比呂投手(東芝)の取材に日体大の野球部のグラウンドへ。2人のブルペン投球を見終わった後、元中日投手だった辻孟彦コーチに「来年もいい投手がいるんです。ぜひ見ていってください」と声をかけられた。その投手は森博人投手(3年=豊川)だった。当時の最速は154キロ。カーブとの緩急差がすごかった。最上級生になった森が17日、巨人3軍とはいえ、プロ相手のマウンドに立った。6球団のスカウトが見つめていた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 結果は……制球に苦しんだ。2回を打者10人、被安打3、4四球に2三振。押し出しの四球で1点を許した。球場の表示では147キロだったが、ネット裏の巨人のスピードガンでは150キロが1球だけ計測された。140キロ後半は出ていたが抜け球が多く、本来の出来とはかけ離れていた。

 それでも前を向けた。不満だった内容については、何がいけなかったのかを自分自身で分かっているから。

「(自分の)技術不足です。力んでしまったり、抜けたりというのは力を入れて、腕だけ投げてしまうから。ブレを少なくするという点では、しっかりと体ごと、体幹を使って、投げられれば低めに制球できていくのかなと思います」

 試合後の日体大・古城隆利監督の目にも「プロが相手で力んでしまうこともある。通常とは違う力を出しているかもしれない」と映った。体幹や下半身にしっかりと力を貯めて投げる普段の森とは違う姿があった。巨人・内田強スカウトは「今日は下半身と上半身のバランスがよくなくて、制球を乱していた。元々、いいポテンシャルを持っているから、まだまだこれからですよ」と長い目で見ていく。今はそういう段階だ。

 2018年は2枚看板だった松本航投手(現西武)がドラフト1位。東妻勇輔投手(現ロッテ)がドラフト2位。一学年下にはヤクルト2位の吉田大喜。北山は社会人・東芝へと進んだが、2年後にプロ入りする可能性は高い。大学日本代表「侍ジャパン」にも選出されるようなチームのエース級は古城監督、辻投手コーチらスタッフの指導により、良き成功例のもと、大学4年間かけてじっくりと育成されている。プロにいける能力があり、指導者と選手の考え方の方向性が同じであれば、森も同じようにこの1年で更なる成長を遂げる可能性は十分にある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」