野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローは史上最高の「安打製造機」 引退から1年―改めて振り返る偉業の数々

イチローは史上最高の「安打製造機」 引退から1年―改めて振り返る偉業の数々

イチローが東京ドームで日本の野球ファンに別れを告げたのは、1年前の3月21日だった。4万6451人の大観衆は、この不世出の大選手の引退を見届けた。改めてメジャーリーガー、イチローとはどんな選手だったのか振り返りたい。

2019年3月21日に引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:AP】
2019年3月21日に引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:AP】

2001~2010年の通算安打数は断トツの2244安打、この10年の通算打率は.331だった

 イチローが東京ドームで日本の野球ファンに別れを告げたのは、1年前の3月21日だった。4万6451人の大観衆は、この不世出の大選手の引退を見届けた。改めてメジャーリーガー、イチローとはどんな選手だったのか振り返りたい。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 イチローは日本選手、そしてアジア出身選手として初めて首位打者になり、MVPにも輝いた。また、MLB通算2000安打、3000安打もアジアではイチローだけだ。韓国出身の秋信守(レンジャーズ)は2019年時点で1645安打。イチローに次いで2000本をクリアする可能性はあるが、3000本に届くアジア出身選手は当分出そうにない。

 この記録に代表されるように、イチローはメジャーの歴史に残る「安打製造機」だった。記録は、2010年を境にくっきりと明暗が分かれている。

○2001年~2010年(マリナーズ)
 1588試合、6779打数2244安打、90本塁打、558打点、383盗塁、打率.331

○2011年~2019年(マリナーズ、ヤンキース、マーリンズ、マリナーズ)
 1065試合、3155打数845安打、27本塁打、222打点、126盗塁、打率.268

 イチローは28歳になる年にMLBに移籍した。2010年オフには37歳。後半の9年間は、野球選手としては高齢と言える年齢でプレーした。それだけに成績は見劣りするが、2001年から2010年までの成績は、驚異的だ。データは「Baseball Reference」「Fangraphs」に基づく。

○この10年間のMLB安打数5傑
1 イチロー 2244安打
2 D・ジーター 1918安打
3 A・プホルス 1900安打
4 M・テハダ 1864安打
5 M・ヤング 1848安打

 イチローは10年連続で200安打をマーク。2位のジーターには300本以上の大差をつけて断トツだった。イチローとデビューが同期のプホルスが3位につけている。

○この10年間の通算打率(3000打席以上)
1 A・プホルス .3314
2 イチロー .3310
3 J・マウアー .327
4 B・ボンズ .325
5 T・ヘルトン .321

 プホルスにわずかに及ばなかった。しかし、断トツの安打を量産しながら、高打率をもキープしたのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」