野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

焼肉屋から解説者へ転身 元ロッテ藤田宗一氏を野球界に引き戻した2人の言葉

2005年にはロッテで日本一、2006年には日本代表メンバーとして第1回WBCで世界一を経験した藤田宗一氏。173センチと小柄ながら、球威のあるストレートと鋭いスライダーでコーナーを突き、打者を翻弄した元左腕だ。1997年ドラフト3位でロッテ入りすると、ルーキーイヤーから5年連続で50試合以上登板を記録。14年の現役生活で通算600試合に登板した“鉄人”でもある。

ロッテ・巨人・ソフトバンクで通算600試合に登板した藤田宗一氏【写真:荒川祐史】
ロッテ・巨人・ソフトバンクで通算600試合に登板した藤田宗一氏【写真:荒川祐史】

日本一と世界一を経験した元左腕、2012年のBC群馬を最後に現役引退

 2005年にはロッテで日本一、2006年には日本代表メンバーとして第1回WBCで世界一を経験した藤田宗一氏。173センチと小柄ながら、球威のあるストレートと鋭いスライダーでコーナーを突き、打者を翻弄した元左腕だ。1997年ドラフト3位でロッテ入りすると、ルーキーイヤーから5年連続で50試合以上登板を記録。14年の現役生活で通算600試合に登板した“鉄人”でもある。

 だが、第1回WBC優勝メンバーとなった翌年、シーズン終了後に戦力外通告を受け、巨人に移籍。巨人で3シーズンを過ごすと再び戦力外。2011年はソフトバンクで育成から支配下登録され、1シーズン戦った。

 2012年、藤田氏が新天地としたのは、独立リーグだった。BCリーグの群馬に選手兼投手コーチ補佐として入団。もちろん、NPBへの復帰を目指していたが、同時に第2の人生についても考え、行動し始めたという。

「ソフトバンクを自由契約になって、他球団の方から『獲得には興味があるけど選手枠のことがある。とりあえずトレード期間中は投げていてほしい』と言われたんです。そこにたまたま群馬から話があってお世話になりました。でも、本当に獲得したければ、そのまま契約するじゃないですか。だから、群馬で投げながら、次のことも考えなきゃいけないと思っていたところで、肉の勉強をしたらいいと肉の卸業者を紹介されたんです」

 知人に紹介された群馬にある肉の卸業者で藤田氏が磨いたのは、肉の知識と包丁捌きだ。ある日は投手としてマウンドに立ち、ある日は肉捌きの修行。週2回、約半年にわたり新たな技術を身に付けた。

「そこは豚が専門だったんですけど、豚が1頭まるごと吊されているんですよ。そこで『これがロース』『これがヒレ』って説明してもらって、肉の磨き方も教えてもらいました。1頭の豚を部位ごとに切り分けた後、『これはモモです。何グラムに切って下さい』『これは何グラムで』って言われて、目分量で切るんですよ。『ロースをとんかつ用に100グラムに切って下さい』って言われても、初めは切れません。80グラムとかに切って怒られたり……(笑)。でも、2か月したら、ある程度は切れるようになりますね。今でも100グラムと言われれば、95~105グラムの間では切れます」

 貴重な技術を身に付けたが、「勉強しておいて損はない。いつか役立つだろう」程度に考えていたという。それというのも、古巣ロッテでコーチをしようと考えていたからだ。その夏、引退を決意し、当時のロッテ西村徳文監督(現オリックス監督)に挨拶に行くと「ウチに帰ってこい。話をしておくから」とコーチ就任の打診。だが、「西さんがその年に退任して、話がなくなっちゃったんです(笑)」。そこで野球界を離れ、包丁を持つ道を選んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」