野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

偉大なる大先輩・松坂大輔を打てるか? パ球団で待ち受ける横浜高の後輩たち

2020年、松坂大輔投手が14年ぶりに西武のユニホームに袖を通した。松坂は今年の9月で40歳を迎える大ベテランだが、昨季悩まされた故障を乗り越え、着々と実戦登板を重ねている。NPBで日本一、MLBで世界一、そしてWBCでの2度の優勝を主戦投手として勝ち取った豊富な経験は、若手の投手たちにとってはまさに生きた教材となることだろう。

西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

14年ぶりに西武に復帰し、パ・リーグに戻ってきた松坂大輔

 2020年、松坂大輔投手が14年ぶりに西武のユニホームに袖を通した。松坂は今年の9月で40歳を迎える大ベテランだが、昨季悩まされた故障を乗り越え、着々と実戦登板を重ねている。NPBで日本一、MLBで世界一、そしてWBCでの2度の優勝を主戦投手として勝ち取った豊富な経験は、若手の投手たちにとってはまさに生きた教材となることだろう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 松坂といえば、横浜高のエースとして、2年生の秋に明治神宮大会、そして3年生で春のセンバツ、夏の甲子園、秋の国体を制して高校野球史上唯一となる「高校4冠」の偉業を1998年に達成。夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成するという離れ業も演じ「平成の怪物」と称された。松坂が高校時代に見せた投球は、後に披露する華々しい活躍の第一歩と呼べるものだった。

 松坂を輩出した横浜高は強豪校というだけでなく、プロ野球で活躍する選手を多く生み出してきた歴史も持つ。愛甲猛氏、高橋建氏、多村仁志氏、小池正晃氏、阿部真宏氏といった、所属チームの主力として活躍した選手たちに加え、鈴木尚典氏、横山道哉氏、成瀬善久投手、筒香嘉智選手のようなタイトルホルダーも輩出。NPBへの人材供給の面においても、高校球界で屈指の名門と呼んで差し支えないであろう。

 現在のパ・リーグでも、横浜高出身選手は多く存在している。そして、多くが今後のブレイクが期待されている若手選手であることも興味深い。今回は、パ・リーグの球団に所属する横浜高校出身の選手たちをピックアップ。松坂と対戦する可能性がある後輩選手たちを1人1人紹介していきたい。

○近藤健介選手(日本ハム)
通算成績:674試合 2167打数659安打 28本塁打276打点 25盗塁 19犠打 打率.304 出塁率.403

 日本ハムの主軸として活躍を続けている近藤は現在パ・リーグに在籍している横浜高出身の打者の中では最も実績がある選手だろう。通算打率は.300、通算出塁率は.400を超え、2018年には指名打者部門でベストナインに。2019年には自身初タイトルとなる最高出塁率にも輝いており、安定した打撃と優れた選球眼はチームにとっても大きな支えとなっている。

○浅間大基選手(日本ハム)
通算成績:161試合 399打数92安打 4本塁打30打点 8盗塁 7犠打 打率.231 出塁率.271

 高校時代から逸材として注目された浅間は2015年に高卒1年目ながら46試合で打率.285といきなり活躍を見せた。その後は相次ぐ故障の影響もあって1軍定着には至っていないが、2019年には開幕戦で1番打者としてスタメン出場するなど、そのポテンシャルへの期待は大きい。今年も1月に骨折で出遅れるなど、またしてもケガに悩まされているが、今季こそはブレイクを果たし、近藤と共に打線を支える存在となれるか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」