野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹はなぜ球場グルメの「Uber Eats」を始めるのか? 担当者が語る思いと狙い

ソフトバンクが22日に発表した球界初となる新サービス。スタジアムグルメをフードデリバリーサービス「Uber Eats」で宅配するというもので、選手メニューなどの球場グルメを自宅などでも楽しめるようになった。サービスは23日からスタートする。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

23日からスタジアムグルメを「Uber Eats」で宅配するサービスがスタート

 ソフトバンクが22日に発表した球界初となる新サービス。スタジアムグルメをフードデリバリーサービス「Uber Eats」で宅配するというもので、選手メニューなどの球場グルメを自宅などでも楽しめるようになった。サービスは23日からスタートする。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が無期限延期となる中で発表されたこの新サービス。“野球ロス”で物足りない思いをしている野球ファンにとって、少しでも野球に触れるキッカケにならないか、との思いでこのタイミングでの実施に踏み切った。

 緊急事態宣言により、ソフトバンクの職員たちも在宅ワークを強いられ、難しい状況にある。開幕延期に伴う対応に追われる中でも新サービスに踏み切った思いはどこにあるのか。ソフトバンクの球団担当者に話を聞いた。

「新型コロナウイルスの影響で、今、世の中では野球のみならず、様々なエンターテインメントが枯渇しています。そんな中でも何とかして野球に絡めた食の楽しみを提供しようと考えました。スタジアムグルメを食べて、少しでも野球を思い出してほしいな、と。ちょっとでもファンの人に喜んでもらえるんじゃないかと思い、このタイミングでのスタートを決めました」

“野球ロス”に陥っているファンのために、何ができるか。ソフトバンクは工藤公康監督監修のもとYouTubeで自宅でのトレーニング法を教える「おうちで工藤塾」を公開したり、スタジアムグルメのレシピを公開してファンサービスを図ってきた。この「Uber Eats」でのスタジアムグルメの宅配プランもファンの“おうち時間”を充実させ、少しでも“野球ロス”を埋められるものになるのでは、と思いがあった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」