台湾プロ野球「マスク必着」で8日から観客入場へ コミッショナーが会見

台湾では世界の主要リーグに先駆けて無観客で開幕をしている【写真:AP】
台湾では世界の主要リーグに先駆けて無観客で開幕をしている【写真:AP】

「状況は落ち着いてきている」と呉志揚氏、マスクの他に席を空けるなどの対策

 台湾プロ野球(CPBL)は5日、代表者会議を開き、5月8日から1000人を上限とした観客の入場を許可する方針を固めた。地元紙の「自由新報」によると、会見した呉志揚コミッショナーは「台湾のコロナウイルス(感染)の状況はだんだん落ち着いてきている」と話し、席の間隔を空ける、マスク着用、記名制などの対策を講じて観客を受け入れるという。

 CPBLは4月12日に“世界最速”で開幕を迎えた台湾プロ野球は観客の上限人数を設けるものの、観客を入れた公式戦となれば、こちらも“世界最速”となる。台湾・台中のインターコンチネンタルスタジアムなどで開催される試合で入場が許可される。1000人の対象者はシーズンチケット保持者や一般発売など、主催球団に委ねられることになっている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY