野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「今日が息子の最後の試合になる」 元甲子園実況アナが気付かされた球児の母の一言

日本高野連は20日、選手権運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定、甲子園)の戦後初となる中止を決定した。3年間の集大成を披露する場所を失った球児たちに特別な思いを抱く、甲子園で数々の激戦を見届けた元実況アナウンサーがいる。

最後の夏、見守ってきたある球児の母の言葉「今日が息子の最後の試合になるんです」

「今日が息子の最後の試合になるんです。実況の声をこのビデオカメラに入れてくれませんか?」

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 甲子園に出ることはできない。だが、3年間の集大成として最後のプレーを続ける息子を必死に追う、母親の姿に胸が熱くなった。平岩氏は「あの瞬間に全ての考えが変わった。プロとしてTVの前で話す意味、上手くしゃべれないことが恥ずかしいと……。球児だけじゃなく、そこに関わっている全ての人の思いがあることに気づきました」

 春、夏の甲子園が中止となり、やるせない思いを抱える高校球児たちに向け様々な代替え案などが飛び交っているが思いは同じだ。

「今こそ、色々なわだかまりをとって春夏の共同開催、地域合同で地方大会。朝日、毎日が一緒に中継して史上最高の大会を作るとか……。これまで不可能だった、現実的じゃないをやってあげてもいいのでは個人的には思います」

 甲子園の中止決定には賛否両論が飛び交っているが、最後に平岩氏は「一つだけ言えるのは今回の高野連、球児、指導者など誰も悪くない。野球以外でもインターハイが中止になっている。コロナウイルスが脅威だった。個人的には議論してほしくない。これからやることは子供たちの未来をどう大人たちが導いてあげるかだと思います」

 中止が決まっても、支え合う気持ちは永遠に続いていってほしいと願っている。

○平岩康佑(ひらいわ・こうすけ) 1987年9月2日、東京生まれ。法政大学卒業後、2011年に朝日放送にアナウンサーとして入社。プロ野球や高校野球など数々の実況を担当。2018年に同社を退社し、株式会社ODYSSEYを設立し代表取締役。日本最大級のeスポーツイベント「RAGE」や「パワプロeBASEBALL」などで実況を担当。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」