野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 虎新助っ人ボーアが2戦連発、巨人は新型コロナ発覚で西武戦中止… 3日練習試合の結果は?

虎新助っ人ボーアが2戦連発、巨人は新型コロナ発覚で西武戦中止… 3日練習試合の結果は?

プロ野球は3日、各地で練習試合を行った。予定されていた巨人ー西武(東京ドーム)の試合は、直前になって巨人・坂本勇人内野手、大城卓三捕手が新型コロナウイルスのPCR検査を受けた結果、陽性判定が出たことが判明し、中止となった。

ソフトバンクは柳田が対外試合チーム1号となるソロ、期待の栗原も3安打とアピール

〇楽天7-1DeNA(横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天は初回、島内の右越え2ランで先制。2回にも島内の左中間を破る2点適時打などで4点を追加し、序盤で試合を決定づけた。先発した涌井は3回をパーフェクト投球。本人も「スピードもある程度出ていたし、変化球も久しぶりにしてはよく投げられた」と語った。DeNAは5回、6回に先頭打者が出塁するものの打線が繋がらず、9回に百瀬の左前安打、続く桑原の右中間を破る2塁適時打で1点を挙げただけだった。先発の上茶谷は3回6失点と、開幕に向けて不安な結果となった。

〇阪神10-3広島(甲子園)

 阪神は新助っ人、4番のボーアが2試合続けて、躍動した。2回、広島先発の九里から右翼フェンスに直撃する二塁打を放つと、6回には3番手の一岡からバックスクリーンの左に飛び込む2ランを放ち、前日2日に続いて、甲子園で快音を響かせた。先発したガンケルは4回無失点と、先発ローテ入りへ頼もしい投球。広島は先発した九里が4回1安打無失点と好投。しかし、一岡が2/3イニングを7失点と誤算だった。打者ではピレラが2安打、メヒアが阪神・藤川から左越え2ラン放つなど、外国人選手の活躍が目立った。なお、藤川はイニングの途中、投球後に腰に違和感を訴え、緊急降板した。

〇ソフトバンク10-5オリックス(京セラドーム)

 ソフトバンクが15安打10得点と打線が爆発し2連勝を飾った。柳田が5回に対外試合チーム1号となるソロを放ち、期待の栗原が3安打とアピールに成功した。1点ビハインドで迎えた4回にバレンティンの中前適時打で同点に追いつくと、栗原の左中間を破る適時打で勝ち越し、甲斐も2点適時二塁打で続き、この回一気に5点を奪い逆転に成功。その後も打線の勢いは止まらず。オリックスは2番手の漆原が3回7失点と課題を残した。

〇巨人ー西武(東京ドーム)試合前中止

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」