「eBASEBALL プロリーグ」はなぜ生まれた? NPBとコナミの思いが一致した誕生秘話

【写真提供:(c)Nippon Professional Baseball / (c)Konami Digital Entertainment】
【写真提供:(c)Nippon Professional Baseball / (c)Konami Digital Entertainment】

コンセプトは「もう一つのプロ野球」、「eBASEBALL プロリーグ」開催の目的とは

「eBASEBALL プロリーグ」は、一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、KONAMI)の共催という形で発足した「実況パワフルプロ野球」(以下、パワプロ)のプロ野球 eスポーツリーグだ。そのリーグのこれまでの軌跡とこの先の展望について、主催のNPB、KONAMIを代表して谷渕弘氏(KONAMI/eBASEBALL プロリーグ 統括プロデューサー)にインタビューを行った。

 第1回は「『eBASEBALL プロリーグ』誕生」。「eBASEBALL プロリーグ」開催の目的と、実現までの道筋について取り上げる。

 2018年7月19日、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」(名称は当時。現在は「eBASEBALL プロリーグ」)の開催が発表された。KONAMIが開発するパワプロという“ゲーム”の、それもeスポーツのリーグを“リアル”のプロ野球を総括するNPBと共催するという試みは、多くのパワプロファン、プロ野球ファンの注目を浴びた。

 リーグのコンセプトは「もう一つのプロ野球」である。eドラフト会議、eペナントレース、e日本シリーズ――「プロ野球ファンの方にも違和感のない大会設計を心がけました」と谷渕氏も語るように、プロ野球ファンにはなじみ深い言葉が多い。実際にリーグを戦うのもセ・パ12球団だ。また、対戦は1対1だが、チームとしては3人(現ルールは4人)という点も団体戦である「野球らしさ」をうかがわせる。

 そこにはプロ野球ファンへのなじみやすさだけでなく、実際の選手を元にしたデータで遊ぶことができるパワプロという「野球ゲーム」が、リアルのプロ野球をなぞることによる面白さがある。同時に、ゲームならではの要素(特殊能力など)が加わることで、リアルにはない作戦や展開が生まれる。現実と仮想の比較がまた新たな野球の側面を見せてくれる。谷渕氏は「eBASEBALL プロリーグ」開催の狙いについてこう語った。

「世界市場、特に若年層に人気のあるeスポーツを通じて、プロ野球を広く紹介できる場を設けること、プレイヤーに活躍できる場としての大会を開催することで、多くの方々に野球や野球ゲームの新たな楽しみ方を提供し、そしてそれを大きな意味での野球ファン醸成、野球振興につなげるのが目的です」

 eスポーツは現在、日本でも大手企業の参入などもあり徐々にその認知度を上げている。これを新たなアプローチとして野球振興につなげる一方で、既存のプロ野球ファンにもゲームという一味違う“プロ野球”の楽しみを提供する――「eBASEBALL プロリーグ」は、リアルとバーチャルの垣根を越えて、野球と野球ゲームの新しい関係を築く。

NPBとKONAMIの想いが一致。1年もしないうちに企画が実現

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY