野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武松坂の開幕2軍は非常事態か、想定通りか? 西口投手Cは期待「そう遠くない」

西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手の開幕2軍スタートが決まった。7日にメットライフドームで行われた中日との練習試合に3番手で登板し、1回無安打1四球無失点に抑えた。しかし辻発彦監督は試合後、「ここで1イニングしか投げられないくらいでは、開幕は無理」と明言。「まだまだですよ。故障明けで投げられるかどうかというところで、1イニングとはいえ投げられたので、これからまた下(2軍)でローテーションに入れるようになれば、上(1軍)で投げる機会が出てくると思う」と語った。

降板後、捕手の森と言葉をかわす西武・松坂大輔(左)【写真:宮脇広久】
降板後、捕手の森と言葉をかわす西武・松坂大輔(左)【写真:宮脇広久】

「状態を上げるための注射」のはずが、西武辻監督の言葉は「故障明け」に…

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手の開幕2軍スタートが決まった。7日にメットライフドームで行われた中日との練習試合に3番手で登板し、1回無安打1四球無失点に抑えた。しかし辻発彦監督は試合後、「ここで1イニングしか投げられないくらいでは、開幕は無理」と明言。「まだまだですよ。故障明けで投げられるかどうかというところで、1イニングとはいえ投げられたので、これからまた下(2軍)でローテーションに入れるようになれば、上(1軍)で投げる機会が出てくると思う」と語った。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 キャンプ、オープン戦を順調に過ごした松坂は、当初の予定通り3月20日に公式戦が開幕していれば、同22日の3戦目に先発することが決まっていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期になると、3月下旬に右膝のメンテナンスのために注射を打ち、まだチームの全体練習が行われていた時期に別メニュー調整となった。球団関係者は「予定通り開幕していれば、やらずに済ましていたはずの、その程度の注射ですよ。せっかく開幕まで時間ができたので、より状態を上げようということ」と説明していた。

 ところが、この日辻監督は松坂の現状を「故障明け」と表現した。右膝の状態は意外に悪く、注射も期待したほどの効果がなかったということなのだろう。

 辻監督は1軍昇格の条件として「下(2軍)で100球近く投げられないと、上の先発は考えられない。スピードではなく、球のキレや腕を振れるかというところ。現状は悪くはないが、いい時の松坂ではない」と語った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」