韓国プロ野球、スタンド埋める“ぬいぐるみファン”が米で話題 「幸せな気分に」

韓国プロ野球は無観客で開幕した【写真:Getty Images】
韓国プロ野球は無観客で開幕した【写真:Getty Images】

韓国プロ野球は無観客で開幕、バックネット裏のスタンドにはぬいぐるみが

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け韓国プロ野球(KBO)は5月5日にプロ野球が開幕。審判のマスク着用、ハイタッチ禁止など感染対策マニュアルの元、無観客で行われている。そんな中、観客の代わりにスタンドを埋め尽くすぬいぐるみに米メディアが注目している。

  米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは「ファンの入場が許可されていないため、KBOは動物のぬいぐるみでいっぱいの球場でプレーしている」とコメントを添え、試合中の写真を公開した。

 バックネット裏には様々なキャラクターのぬいぐるみが観客席を陣取り、声援こそないがスタンドを彩っている様子がうかがえる。韓国プロ野球の試みにファンも絶賛の声を上げている。

「素晴らしい」
「素敵」
「これはイケてるね」
「まさにアジアっぽいね」
「これはこれでアリかなと」
「なんてこった… 笑笑」
「これを見ていると、幸せな気分になったし、笑顔にもさせてくれた。ナイス」

 メジャーリーグはいまだ、開幕のメドが立っていないが日本のプロ野球は6月19日に開幕することが決定。当面の間、無観客で行うNPBのスタンドにもファンを楽しませる“何か”が姿を見せるかもしれない。

【画像】「幸せな気分になった」「素晴らしい」と絶賛 バックネット裏を埋め尽くす“ぬいぐるみファン”の実際の写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY