野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

腕をぐるぐる回した鉄腕助っ投 シコースキーが語る日本への感謝と愛情

日本プロ野球外国人選手OB会の協力のもと、パ・リーグで奮闘した外国人OB選手に話を聞く本企画。第4回は、ロッテ、巨人、ヤクルト、西武で活躍したブライアン・シコースキーさん。あの代名詞の「高速腕ぐるぐる」も披露してくれた(ブライアン、本当にありがとう!)。ぜひ「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeでその姿を見てほしい。

ロッテ、巨人、ヤクルト、西武で活躍したブライアン・シコースキー【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ、巨人、ヤクルト、西武で活躍したブライアン・シコースキー【画像:パーソル パ・リーグTV】

ロッテ、巨人、ヤクルト、西武で活躍したブライアン・シコースキー

 日本プロ野球外国人選手OB会の協力のもと、パ・リーグで奮闘した外国人OB選手に話を聞く本企画。第4回は、ロッテ、巨人、ヤクルト、西武で活躍したブライアン・シコースキーさん。あの代名詞の「高速腕ぐるぐる」も披露してくれた(ブライアン、本当にありがとう!)。ぜひ「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeでその姿を見てほしい。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

――現在はどちらにお住まいで、何をされていますか?
「デトロイトで暮らしていて、現在、MLBのマイアミ・マーリンズの米国担当スカウトをしています。引退後はまずテキサス・レンジャースのスカウトとして3年働き、2019年12月にマーリンズと契約しました」

――ダルビッシュ投手がレンジャースに在籍していた2015年から2017年の間に、お会いしたことはありますか? また、ここ数年、北海道日本ハムがレンジャースと業務提携を結んでおり、コーチやスタッフを派遣しています。その方々との交流はありますか?

「はい。1度、ダルビッシュ投手にロッカーの前でお会いしました。彼が私のことをわかるか自信がなかったのですが、『ユウさん、私のことを覚えているかわかりませんが、シコースキーです』と伝えました。すると、彼は私を見て、英語で『あなたのことを覚えていますよ!』と言ってくれて、そのあと、簡単に挨拶と近頃の調子について話をしました。たしか、丁度、肘の手術(トミー・ジョン)からカムバックした頃だったかな。本当は30分くらいMLBのプレーや適応できないことなど話したかったのですが、少なくとも挨拶できて良かったです」

「他には、読売ジャイアンツ所属時のチームメートである、ダイスケ。えーっと……元木(大介)! 私のおぼつかない日本語と彼のおぼつかない英語で会話をしました。10分間の短い会話でしたが楽しかったですし、日本を去ってからというもの、日本が恋しかったのでうれしかったです」

――日本語でお話しされたのですね。

「よく家族は私のことをからかうのです。なぜなら私は日本語が上手に話せると思っているので。家庭で一言、二言、日本語を言うのですが、家族は私をみて、あなたは日本語が話せないでしょって言うのです(笑)。なので、私は『大丈夫、みんなは私が言おうとしていることは理解できるからね!』って言い返しています」

「私が日本にいた時に知り合った人と再会することはうれしいことですね。仕事柄、多くのNPBチームの外国人スカウトと出会うのですが。例えばロッテ時代のチームメートのネイト・ミンチー氏(現・巨人駐米スカウト)や、かつて対戦したルイス・ロペス氏(現・DeNA駐米スカウト)と再会したときには、日本での経験や思い出について語っていますよ」

――覚えている日本語はありますか?

「読売ジャイアンツに所属していた時に私たちは、巨大なスコアボードに掲出されている、あるフレーズを言わなければなりませんでした。そのフレーズは『僕を見てくれ』。チームメートやスタッフが周りにいるときに、大声と早口で叫ぶと皆が私を見上げ、笑ってくれるのです。それが、覚えている『良い』日本語うちの1つですね。もちろん、みんな『悪い』日本語も教えてくれました(笑)。もう1度日本語を学んで、初めて会う人を驚かせたいですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」