野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

斉藤和巳氏、ホークスに太鼓判も日ハムが「不気味」 混セは中日に投手王国復活の予感

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今季開幕が延期されていた日本プロ野球。緊急事態宣言が解除され、6月19日に待望の開幕を迎えることになった。自主練習で体力と技術を磨いていた選手たちは、練習試合でチームとしての結束を高め、12球団はそれぞれ優勝を目指して最終調整を行っている。

元ソフトバンクの斉藤和巳氏【写真:松橋晶子】
元ソフトバンクの斉藤和巳氏【写真:松橋晶子】

古巣ソフトバンクで期待するのは「東浜ですね」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今季開幕が延期されていた日本プロ野球。緊急事態宣言が解除され、6月19日に待望の開幕を迎えることになった。自主練習で体力と技術を磨いていた選手たちは、練習試合でチームとしての結束を高め、12球団はそれぞれ優勝を目指して最終調整を行っている。

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 開幕が待ちきれないファンのために、今シーズンのセ・パ両リーグの展望を元ソフトバンク右腕で野球解説者の斉藤和巳氏に語ってもらった。斉藤氏は2月1日から15日まで宮崎と沖縄を訪れ、12球団すべてのキャンプを視察。沢村賞を2度獲得した元エースは、各チームの仕上がり具合をどう見るのか。

 まずは、パ・リーグから。昨季は西武がリーグ2連覇を飾ったが、クライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き、日本シリーズを制覇したのは斉藤氏の古巣でもあるソフトバンクだった。ソフトバンクはキャンプイン後に故障者が相次いでいるが、「全体的な戦力の厚みはあると思います」と話す。

 オフには、昨季までヤクルトの打線を支えたバレンティンを獲得。「実績のある選手。リーグは変わっても交流戦で十分な免疫はできていると思います。守備はね……目をつぶりましょう(笑)」。昨季FA権を獲得したため外国人枠の対象とならないことも、デスパイネ、グラシアル、モイネロ、バンデンハーク、サファテ、新加入のムーアら外国人選手を多く抱えるソフトバンクにとっては大きい。

 今季、斉藤氏が注目したいのは「東浜(巨)ですね」。2020年は29歳右腕にとって「大きな分岐点になるんじゃないか」と見ている。

「2017年最多勝を獲った後、昨年、一昨年と悔しい思いをした。昨年は手術もしていますから、プロ野球人生の中でも大きな分岐点になるんじゃないかと。本人もそれは重々承知しているようです。投手陣に怪我人が出てきているので、実績のある投手への期待は高まってくるはず。ここで頑張ってほしいですね」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」