トレード移籍組は勝負の時! ロッテ石崎、オリW松井ら昨季パに移籍した選手の現在地

ロッテ・石崎剛、オリックス・松井雅人、松井佑介(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・石崎剛、オリックス・松井雅人、松井佑介(左から)【写真:荒川祐史】

強打の捕手として期待がかかる宇佐見、元MVP左腕の吉川は輝くを取り戻すことができるか?

 昨シーズン、パ・リーグ、セ・リーグ間では7件のトレードが成立し、9選手が新たにパ・リーグの一員となった。セ・リーグ在籍時の活躍など、移籍選手のことをまだ詳しく知らない方も多いだろう。そこで、この9選手の移籍前後の活躍を振り返るとともに、2020シーズンの彼らの注目ポイントを見ていこう。

 宇佐見真吾捕手、吉川光夫投手は昨年6月に鍵谷陽平投手・藤岡貴裕投手と交換トレードで巨人から日本ハムに移籍。

 宇佐見は、2015年ドラフト4位で巨人に入団。プロ初ホームランがサヨナラホームランになるなど、攻撃型捕手として期待されるも、捕手層の厚い巨人ではなかなか出場機会を得ることができなかった。移籍後、即1軍に登録されるが、ちょうどその日から「北海道シリーズ2019 HOKKAIDO be AMBITIOUS」が開催され、選手は赤色の企画ユニフォーム着用だったため、ユニフォーム作成が間に合わず、實松一成氏(現・巨人2軍バッテリーコーチ)のユニフォームを借りてファイターズデビューを飾った。移籍後は、シーズン途中の移籍になったにもかかわらず、自己最多の45試合に出場、規定打席には満たなかったが、得点圏打率.333と要所で勝負強さを発揮した。開幕マスクを目指す今シーズン、6月の練習試合で古巣巨人のエース・菅野智之投手から本塁打を放つなど、アピールが光った。

 吉川は、2006年の高校生ドラフト1位で日本ハムに入団。2016年に一度、日本ハムから巨人に交換トレードで移籍しており、今回のトレードで3年ぶりに日本ハムに“復帰”する形となった。巨人では、2年連続で開幕ローテーション入りを果たし、2018年においては6勝7敗とまずまずの成績を残す。そして2019シーズンから中継ぎに転向するも、9試合で0勝1敗、防御率9.95と低迷。日本ハム復帰後も、4試合で0勝3敗、防御率6.75と本領発揮することができなかった。かつてパ・リーグMVPやベストナインといったタイトルを受賞するなど、経験豊富な投手であるため、2020年の再起が期待される。

勝負強さが光る下水流、将来の主軸候補として期待された和田

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY