プロ初勝利のオリ鈴木優は「私を嫌っている」 都立高時代の監督が明かした秘話

オリックス・鈴木優【写真:宮脇広久】
オリックス・鈴木優【写真:宮脇広久】

2014年ドラフト9位で都立雪谷からオリックスへ

 チームの連敗を「7」で止めたオリックスの鈴木優投手の快投。西武を相手に5回無安打7奪三振という見事な内容だった。東京・都立雪谷高出身の6年目。人は「都立の星」と言った。輝く星が“原石”だった頃を知る高校時代の監督、相原健志さん(現・日体大荏原硬式野球部監督)は万感の思いだった。

「本当にオリックスさんに感謝しています。ドラフト9位で指名していただき、地道に6年も育てていただいた。いつ(契約を)切られてもおかしくなかったのに、ウインターリーグなどにも派遣してもらった。もう本当に本人も感謝しなくてはいけません」

 相原監督は試合当日、学校の業務を終えて自宅に戻ると、テレビで食い入るように見つめた。西武・今井も無安打に抑える投げ合い。相手右腕に良さを引き出してもらっているように見えた。フォークの握りでボールをグラブに入れ、セットポジションから小さなテークバックで投げ込む姿を見て“変わってないな”と心の中でつぶやいた。

「中学時代は捕手もやっていた。当時はとにかく速い球を投げたい気持ちが出て、テークバックが大きくて……。投手はコントロールが生命線と教えましたから、セットポジションにして、テークバックは小さくしました。グラブの中で球種を変えたら、バレバレだからそういう風にさせました。まぁ、本人は(私が伝えたということを)忘れていると思いますけどね」

 試合後のインタビューで教え子は、真面目に受け答えしていた。成長した姿が目に留まり、懐かしい思いが込み上げてきた。

「たぶん、彼は私を嫌っていると思いますよ」

 相原監督はそう打ち明けた。高校の監督とチームのエース。右腕を成長させ、プロへ送り出すことができたが、その道のりの中で、何度も2人は衝突した。忘れもしない。2か月後に最後の夏が控える3年生の5月。練習試合で独りよがりの投球をした鈴木を部員の前で厳しく叱咤した。すると鈴木は悔し涙を流しながら、相原監督に食ってかかってきたという。

「言動に“お山の大将”というところがありました。不満を抱くと一人でふてくされていた時もありました。そういうことじゃチームスポーツ、チームプレーは成り立たない。周りに示しがつかなかったので怒鳴りつけました」

 高い能力は認めている。高校2年夏からプロのスカウトが注目していた逸材だった。きちんとした指導をし、自分から努力をさせられるようになれば、きっと高いレベルに行ける。相原監督もそう信じた。だからこそ、鈴木が道を外れそうになったら、全力で“レール”に戻した。

親の心、子知らず…1年前の7月、プロ初先発前にはお世話になった人たちに電話

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY