ロッテ8連勝から2連敗 専門家が首を傾げる正捕手のリードとは「根拠は何?」

「どの投手をリードしているのか、打席に立っているバッターは誰なのか」

 野口氏は、この場面でのリードの理由について「ちゃんと内角に来れば芯を食って打たれてもファウルでカウントを稼げる。いいところに来ればストライクもある、ということだったのでしょう」と推測。ただ、「それが内角でなければいけなかった根拠は分かりません」と続ける。

「相手が全く振れていない打者なら分からないでもありません。でも、浅村は打率2位、本塁打4位、打点1位という選手です。しかも、前日もホームランを打たれていた。最悪ヒットなら仕方ないですが、長打は避けないといけない場面でした。

 どの投手をリードしているのか、打席に立っているバッターは誰なのか、ということをもっともっと考える必要があります。さらに、投げている投手のその時の心理状態とか、いろんなことに気を使ってあげないといけません」

 小島はこの回、さらに1点を追加されて初回4失点。ロッテは追い上げたものの、この4点が響いて3-5で敗れた。いい流れで仙台に乗り込んだが、痛い連敗となってしまった。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY