野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

守護神が欠けるだけじゃない 阪神OBが語る藤川離脱が与える影響の大きさ

阪神は12日、本拠地の甲子園球場で行われたDeNA戦に2-1で勝ち、カード勝ち越しを決めた。先発の岩貞祐太投手が8回3安打無失点の快投で今季2勝目。この日、右肩の不調で登録抹消された守護神の藤川球児投手に代わり、ロベルト・スアレス投手が9回に登板して今季初セーブを挙げた。

阪神・藤川球児【写真:津高良和】
阪神・藤川球児【写真:津高良和】

4球団で捕手としてプレーした野口氏が語る藤川不在の影響とは

 阪神は12日、本拠地の甲子園球場で行われたDeNA戦に2-1で勝ち、カード勝ち越しを決めた。先発の岩貞祐太投手が8回3安打無失点の快投で今季2勝目。この日、右肩の不調で登録抹消された守護神の藤川球児投手に代わり、ロベルト・スアレス投手が9回に登板して今季初セーブを挙げた。

 5回途中まで無安打に抑え、7回までは二塁すら踏ませなかった岩貞。強力なDeNA打線を全く寄せ付けない圧巻の投球だった。「球のキレもコントロールも素晴らしかった。ここまでいい岩貞を見たのは久しぶり」。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、そう手放しで評価した。

 8回の時点で岩貞の球数は114球。十分完封を狙える状況ではあったが、8回裏にリードが2点に広がり、9回は継投を選択した首脳陣。野口氏は「岩貞を行かせてあげて、ランナーを背負ったら替えるということをしても良かったと思います。ただ、ずっと1点リードで投げてきた投手がもう1点もらうと、ふと気持ちが抜けることもある。そこは首脳陣の判断だったと思います」と推し量った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」