阪神大山が打率.538と大当たり 広島堂林は8打点…セ週間ベストナインは?

阪神・大山悠輔(左)と広島・堂林翔太【写真:荒川祐史】
阪神・大山悠輔(左)と広島・堂林翔太【写真:荒川祐史】

ヤクルトが4勝負けなしで単独首位浮上、巨人は3戦全敗

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕したプロ野球。開幕4週目となった7月7日から7月12日までの1週間には球界で大きな動きがあった。7月10日から有観客試合が再開され、5000人という上限があれど、スタジアムにファンが戻ってきた。

 ここでは7月10日から7月12日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第4週のベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。こちらはセ・リーグ編だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
↑1 ヤクルト 19試合11勝7敗1分
↓2 巨人 18試合10勝7敗1分 0.5
↓3 DeNA 20試合11勝9敗0分 0.5
↑4 広島 18試合8勝9敗1分 1.5
↓5 中日 21試合8勝12敗1分 1.5
→6 阪神 18試合7勝11敗0分 0

【第4週セ・リーグ】
1 ヤクルト 5試合4勝0敗1分
2 阪神 4試合3勝1敗0分
3 広島 5試合3勝2敗0分
4 DeNA 5試合2勝3敗0分
5 中日 6試合1勝4敗1分
6 巨人 3試合0勝3敗0分

 第4週のセ・リーグは大雨の影響を受けて、4試合が中止になった。特に巨人は阪神と2試合、ヤクルトと1試合が雨に流れ、残る3試合は全敗と苦しい1週間になった。一方でヤクルトは5試合で4勝負けなし。巨人、DeNAを抜き、単独首位に浮上した。2試合が中止になった阪神も3勝1敗と2つの勝ち越しと調子が上向きつつあるようだ。

阪神勢は大山に加えて梅野、糸原、岩貞と奮闘した

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY