野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

優勝候補追い詰めた“あの瞬間”を超えたい 東京・駒込高校の「思い出の選手名鑑」

夏の甲子園が中止になり、各都道府県で独自大会の開催、準備が進められている。Full-Countでは最後の夏を迎える部員たちの心に残るものを贈りたいと考え、「思い出の選手名鑑」として3年生の部員らの集合写真、プロフィール、メッセージなどを掲載していきます。第16回は東京・駒込高等学校。指揮を執るのは名門・東海大相模出身の金丸健太監督。2005年の選抜高校野球ではベンチ入りメンバーにも選ばれた。

駒込高等学校野球部【写真提供:駒込高等学校野球部】
駒込高等学校野球部【写真提供:駒込高等学校野球部】

金丸監督は名門・東海大相模出身、2005年選抜&夏の県大会でベンチ入り

 夏の甲子園が中止になり、各都道府県で独自大会の開催、準備が進められている。Full-Countでは最後の夏を迎える部員たちの心に残るものを贈りたいと考え、「思い出の選手名鑑」として3年生の部員らの集合写真、プロフィール、メッセージなどを掲載していきます。第16回は東京・駒込高等学校。指揮を執るのは名門・東海大相模出身の金丸健太監督。2005年の選抜高校野球ではベンチ入りメンバーにも選ばれた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

◇氏名(よみ) 位置 投・打 身長(センチ) 体重(キロ)
アピールポイント(自薦他薦問わず) 3年間頑張ってきたこと

石野陽佑(いしの ようすけ) 投手 右・右 185センチ 88.5キロ
ストレート 全力でプレーすること

市来健悟(いちき けんご) 投手 右・左 173センチ 63キロ
緩急の使い分け、打たせて取るピッチング 自分の理想のフォームを見つけること、体を大きくすること

稲川友人(いながわ ゆうと) 投手 右・左 166センチ 62キロ
どんな逆境にも向かっていける 目の前のことを一つ一つ全力でやりきる

鎌倉大朗(かまくら ひろあき) 左翼 右・左 178センチ 87キロ
勝負所での打撃 1人ではなくチームのために行動すること

川本怜生(かわもと れお) 投手、捕手 右・右 168センチ 87キロ
重みのあるボールを投げること ケガの時期にできることを必死にやりきった

窪田智哉(くぼた ともや) 左翼、捕手 右・右 173センチ 70キロ
流れを変えるプレー。気持ちで向かうスタイル チームをプラスに導く声かけ、ひたすら一生懸命プレーした

解良風馬(けら ふうま) 右翼 右・右 177センチ 76キロ
足の速さ、豪快なスイング 食事、トレーニング

篠宮尚郁(しのみや なおふみ) 投手 右・右 172センチ 64キロ
外角へのストレート、コントロール トレーニング、打ちにくいピッチングスタイルを作ること

千田貴大(せんだ たかひろ) 捕手 右・右 174センチ 82キロ
バットコントロール 配球の勉強

谷掛寛人(たにがけ ひろと)) 一塁 右・右 170センチ 68キロ
落ち込むようなことがあってもすぐ立ち直れる 安打長打を量産できるよう取り組んだ

根津慎太郎(ねづ しんたろう) 二塁 右・左 165センチ 58キロ
バントなどの小技をきっちり決められる 地味でも大切なことをしっかり続け、チーム一丸で勝利を目指せたこと

馬場崎航平(ばばさき こうへい) 三塁 右・右 165センチ 65キロ
守備 チームのみんなと3年間やり遂げられたこと

藤井遼太郎(ふじい りょうたろう) 中堅 右・左 170センチ 75キロ
守備範囲の広さ 苦しいことを乗り越えて成長すること

松原一誠(まつばら いっせい) 遊撃 右・右 170センチ 71キロ
守備 走攻守全部

合田怜香(ごうだ れいか) マネージャー
周りを見ていろいろなことに自分から気づくこと 選手といい距離感を保ちつつ、選手やチームのためになるよう人に寄り添えたこと

小宮山花穏(こみやま かのん) マネージャー
私の高校生活は野球が中心でした チームが円滑に活動できるよう、状況を先読みし行動するように心がけた

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」