野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人サンチェスが連覇を目指すピースに? 専門家が語る新助っ人の魅力と課題

巨人の新外国人エンジェル・サンチェス投手が9回途中2失点の好投で今季3勝目をマーク。6回1死までは無安打投球。来日初完封をかけ、9回のマウンドに上がったが、4連打を浴びて降板。8回までは9三振を奪う力強い球を披露するなど圧巻の内容だった。巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家・松本匡史氏は制球の良かったスプリットを高く評価し、次回以降の課題を挙げた。

巨人のエンジェル・サンチェス【写真提供:読売巨人軍】
巨人のエンジェル・サンチェス【写真提供:読売巨人軍】

サンチェスは完封こそ逃すが9回途中2失点の好投、今後の課題は?

 巨人の新外国人エンジェル・サンチェス投手が9回途中2失点の好投で今季3勝目をマーク。6回1死までは無安打投球。来日初完封をかけ、9回のマウンドに上がったが、4連打を浴びて降板。8回までは9三振を奪う力強い球を披露するなど圧巻の内容だった。巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家・松本匡史氏は制球の良かったスプリットを高く評価し、次回以降の課題を挙げた。

 球の強さは8回までほとんど変わらなかった。サンチェスはDeNA打線に的を絞らせないピッチングで三振と凡打の山を築いた。完封を期待して首脳陣は9回のマウンドに送ったが、それはお預けとなった。

「スピードが全然落ちなかったですね。代え時が難しかったと思います。9回の先頭が唯一、ヒットを打たれていた乙坂君でしたし……。最終回はそこから崩れてしまった。ですが、この日はスプリットがいいところから落ちていました。ボール球を振らせることができていました」

 ボール球もあったが、DeNA打線はそれを見極められず、スイングしていた。スプリットの精度が高かったことがこの日に快投につながった。

 今後、サンチェスは白星を量産できる投手になれるのか――。そのカギは3ボールからの立て直し、と松本氏は分析する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」