野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督、日ハム先発バーヘイゲンにお手上げ「あのナックルカーブが…」

ソフトバンクは23日の日本ハム(PayPayドーム)に2-3で惜敗。初回に先制するも、先発の笠谷俊介投手が2回表に四球から逆転3ランを献上。5回に1点差に迫るも、6回以降は追加点を奪えなかった。試合後の工藤公康監督は、わずか2安打に抑えられた相手先発のバーヘイゲン投手の好投を認めるしかなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

先発の笠谷は四球で崩れ3ランを献上「まあ、もったいないと言えばもったいないのかもしれない」

■日本ハム 3-2 ソフトバンク(23日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは23日の日本ハム(PayPayドーム)に2-3で惜敗。初回に先制するも、先発の笠谷俊介投手が2回表に四球から逆転3ランを献上。5回に1点差に迫るも、6回以降は追加点を奪えなかった。試合後の工藤公康監督は、わずか2安打に抑えられた相手先発のバーヘイゲン投手の好投を認めるしかなかった。

 ソフトバンクは、初回に柳田悠岐の適時三塁打で1点を先制したが、その直後に笠谷が2死走者なしから四球、安打、3ランで一気に3失点。打線は2回から沈黙を続け、5回に栗原陵矢の犠飛で1点を返すのが精いっぱい。2番手の板東湧梧が好投を見せ、必死に流れを作ったがあと1点が奪えなかった。

 工藤監督は、3点につながった笠谷の四球について「まあ、もったいないと言えばもったいないのかもしれないし、バッテリーが用心してというところだったかもしれない。結果を見ればということになるし、(四球は)あることだと思います。次のバッターをしっかり抑えていけばということになるので、四球を怖がってはいけないと思います」と指摘した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」