野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督、日ハム先発バーヘイゲンにお手上げ「あのナックルカーブが…」

ソフトバンクは23日の日本ハム(PayPayドーム)に2-3で惜敗。初回に先制するも、先発の笠谷俊介投手が2回表に四球から逆転3ランを献上。5回に1点差に迫るも、6回以降は追加点を奪えなかった。試合後の工藤公康監督は、わずか2安打に抑えられた相手先発のバーヘイゲン投手の好投を認めるしかなかった。

打撃不振の栗原には「今が踏ん張りどころ」

 結果的に次のバッターに打たれてしまったが、指揮官は「いいストレートを持っているんだから」と、最後まで先発の左腕をかばった。2番手の板東は4回を無失点と好投を見せ「素晴らしい内容だった。コントロールよく投げていたと思います」と賞賛した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 一方の打線は、バーヘイゲンの前にわずか2安打。指揮官も「ナックルカーブが良くて。あのまっすぐがある中で、あのカーブとスライダーが決まるとバッターが打つのは難しい」とお手上げだ。

 この日も1番に入った栗原は初回に四球、5回に犠飛と奮闘したが、8回の打席では代打を送られた。開幕当初の勢いが見られない栗原について「今が踏ん張りどころだと思います」と工藤監督。

「見てる限り考え過ぎているところがあるのかなと思います。1日1日割り切って、例え今日打てなくても明日は、と思って打席に入ることが大事。しっかり割り切ることは(本人にも)声をかけています」と、成長株の踏ん張りに期待を寄せた。

 6連戦を「3連戦+3連戦」という考え方で戦っていくと語っていた工藤監督。この前半3連戦は負け越しとなったが「明日が大事。東浜君も(打球が当たった)足は問題ないということなので普通に投げてくれると思います」と、自ら進んで“気持ちの割り切り”を見せていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」