野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

わずか2安打の敗戦にあった光明 鷹イケメン右腕が掴んだ「1番の収穫」とは?

23日にPayPayドームで行われた日本ハム戦に2-3で競り負けたソフトバンク。打線がわずか2安打と奮わずに、1点差で敗れた。首位で並んでいた楽天がオリックスと引き分けたため、1日で首位タイから転がり落ちた。

5回のピンチを凌ぎ「抑えられたのは自信になりました」

 その板東がこの日の投球で「1番の収穫」と語ったシーンがある。先頭の宇佐見に左前安打を浴び、石井に犠打、そして西川には四球を与えて1死一、二塁とされた5回の窮地だ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「5回に先頭に打たれて、その時は自分の中ではマズいなとなった。そこで抑えられたのは自信になりましたし、1番の収穫ですね。杉谷さんを三振に取って、でもまだピンチで。好打者の近藤さんを、意図したボールではなかったんですけど、抑えられて自信になりました」

 まず杉谷をフォーク、カットボール、そしてフォークと低めへの変化球で3球三振に。続く近藤は初球のカットボールで押し込み、遊飛に。先頭打者を出したピンチを、好打者を抑えて脱したことが大きかった。

 7月10日にプロ2年目で初めてとなる1軍昇格を果たすと、ここまで3試合に登板してわずか1失点。9回2/3を投げて防御率0.93と好投が続く。「今日も先発したい気持ちはあった。いずれ掴むために与えられたところで投げていきたい」と、先発の座も虎視眈々と狙うイケメン右腕の投球から目が離せない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」