わずか2安打の敗戦にあった光明 鷹イケメン右腕が掴んだ「1番の収穫」とは?

日本ハム戦に2番手として登板したソフトバンク・板東湧梧【写真:福谷佑介】
日本ハム戦に2番手として登板したソフトバンク・板東湧梧【写真:福谷佑介】

23日の日本ハム戦で2番手として登板し4回無失点と好投した板東

■日本ハム 3-2 ソフトバンク(23日・PayPayドーム)

 23日にPayPayドームで行われた日本ハム戦に2-3で競り負けたソフトバンク。打線がわずか2安打と奮わずに、1点差で敗れた。首位で並んでいた楽天がオリックスと引き分けたため、1日で首位タイから転がり落ちた。

 初回の柳田の適時三塁打、そして5回の周東の適時二塁打。この日ホークスが放った安打はこれだけだった。貧打に泣いた敗戦の中で、数少ない光明だったのが、4回から2番手としてマウンドに上がった板東湧梧投手だった。

 先発の笠谷俊介投手が2回に宇佐見に3ランを被弾し、3回4安打3失点で降板。これ以上の失点は許されない状況でバトンを受け取ったのが板東だった。端正な、甘いマスクでも注目を集める板東はいきなりビヤヌエバ、高浜を連続三振。5回には1死一、二塁のピンチを背負ったが、杉谷を空振り三振、近藤を遊飛に仕留めて窮地を脱した。

 6回、7回は2イニング連続で3者凡退に。1軍では自己最長となる4イニングを投げて、わずか1安打に封じて無失点、5つの三振を奪う好リリーフを見せた。試合後には「結果的には良かったと思います」と、自身の投球に自信を深めた様子だった。

5回のピンチを凌ぎ「抑えられたのは自信になりました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY