野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

一時6点リードも痛恨逆転負け 裏目に出た7回の継投、鷹・工藤監督の意図どこに?

ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで日本ハムと戦い、7-9で逆転負けを食らった。初回の栗原の満塁本塁打などで一時は6点のリードを奪ったが、3点リードで迎えた7回の継投が裏目に。3投手を注ぎ込んで大量6点を奪われて試合をひっくり返された。

「僕の中で一人一殺できれば」と3投手注ぎ込むもまさか6失点

 だが、嘉弥真が西川に四球を与える。続く杉谷はスイッチヒッターだ。嘉弥真のまま右の杉谷と対するか、右投手を投入して左の杉谷と対峙するか、という場面で指揮官は右の椎野をマウンドへ送った。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

「杉谷君がいい感じに振れていたので、左の嘉弥真君よりも右の方がいいと。フォークボールも持っていますし、縦の変化に対応するのは杉谷くんは上手くないので替えました」と指揮官は継投の意図を説明する。だが、椎野は杉谷に四球を与えて満塁に。続く近藤に中前へ2点適時打を浴びて同点とされ、さらに中田には10号3ランを浴びて勝ち越された。

「あそこが肝だったので、僕の中で一人一殺できれば、と。あそこで切って、切ってという思いの中でいかさせてもらったんですけど、結果はこういう結果なので。投手は四球出そうと思って出しているわけではないので割り切って『使っている監督が悪い』と思って、また明日と思ってやって欲しいと思います」と試合後に肩を落とした工藤監督。継投策が裏目に出て、このカードの勝ち越しを逃すことになった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」