野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

一時6点リードも痛恨逆転負け 裏目に出た7回の継投、鷹・工藤監督の意図どこに?

ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで日本ハムと戦い、7-9で逆転負けを食らった。初回の栗原の満塁本塁打などで一時は6点のリードを奪ったが、3点リードで迎えた7回の継投が裏目に。3投手を注ぎ込んで大量6点を奪われて試合をひっくり返された。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

7回に高橋礼、嘉弥真、椎野の3投手を注ぎ込み6失点

■日本ハム 9-7 ソフトバンク(25日・PayPayドーム)

【オンラインイベント】「Full-Count Presents ソフトバンク担当記者と“延長戦” 今日の勝負のポイントを語ろう!」開催のお知らせ

 ソフトバンクは25日、本拠地PayPayドームで日本ハムと戦い、7-9で逆転負けを食らった。初回の栗原の満塁本塁打などで一時は6点のリードを奪ったが、3点リードで迎えた7回の継投が裏目に。3投手を注ぎ込んで大量6点を奪われて試合をひっくり返された。

 悪夢は7回に待っていた。工藤公康監督は6回3失点だった先発の石川柊太投手を降板させ、勝利の方程式による逃げ切りを図った。だが、結果的には、この継投が逆転劇に繋がることになってしまった。

 石川のあとを受けた高橋礼は先頭の横尾に右前安打を浴び、清宮に四球を与えた。「ストライクを取るのに苦労しているように見えました。四球はもったいなかったかな、と思います」と工藤監督。2死二、三塁となり、左打者の西川を迎えたところで嘉弥真にスイッチした。

「西川選手に打たれていないというのもあって、嘉弥真くんにいってもらって、アウトを取ってと思ったんですけど…」。嘉弥真が西川に安打を打たれたのは2017年に遡る。そこから3年間ノーヒット。左対左、というところだけでなく、その相性の良さも買って嘉弥真に託した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」