野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 日本人6選手が出場…前田健太が新天地で初勝利、大谷&山口は1死も取れず防御率∞

日本人6選手が出場…前田健太が新天地で初勝利、大谷&山口は1死も取れず防御率∞

メジャーリーグでは26日(日本時間27日)、各地で試合が行われ、日本人6選手が出場した。エンゼルス・大谷翔平投手が投手として、アスレチックス戦に今季初登板初先発も自己最短KOの0/3回、5失点で降板した。ツインズ・前田健太投手は移籍後初登板を勝利。メジャー初登板のブルージェイズ・山口俊投手は延長10回タイブレークで登板も逆転負けで初登板初黒星。マリナーズの菊池雄星投手も今季初登板で勝敗付かず。レッズの秋山翔吾外野手は1安打、レイズの筒香嘉智は1打数無安打1打点だった。

ともに今季初先発したエンゼルス・大谷翔平(左)とツインズ・前田健太【写真:AP】
ともに今季初先発したエンゼルス・大谷翔平(左)とツインズ・前田健太【写真:AP】

ブルージェイズ山口はメジャー初登板の場面がタイブレーク、黒星スタート

 メジャーリーグでは26日(日本時間27日)、各地で試合が行われ、日本人6選手が出場した。エンゼルス・大谷翔平投手が投手として、アスレチックス戦に今季初登板初先発も自己最短KOの0/3回、5失点で降板した。ツインズ・前田健太投手は移籍後初登板を勝利。メジャー初登板のブルージェイズ・山口俊投手は延長10回タイブレークで登板も逆転負けで初登板初黒星。マリナーズの菊池雄星投手も今季初登板で勝敗付かず。レッズの秋山翔吾外野手は1安打、レイズの筒香嘉智外野手は1打数無安打1打点だった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷は2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初、693日ぶりの公式戦登板。しかし、立ち上がりから不安定で、先頭から中前打、連続四球で無死満塁のピンチを招き、オルソンに押し出し四球。後続にも右前2点打、右前適時打を許して降板。1死も取れずに3四球3安打5失点だった。チームも4-6で敗れ、大谷は今季初黒星を喫した。

 ツインズに移籍した前田はホワイトソックス戦に先発。初回から順調な滑り出しだった。5回無死二塁からロベルトに2ランを浴びたが、5回4安打2失点、6奪三振。味方打線は初回に4得点、2回にも5得点。4回までに10点と前田を序盤から援護。試合も14-2で勝利。前田は3年連続でシーズン初登板初勝利となった。

 念願のメジャー初登板となったブルージェイズ・山口俊投手は黒星スタートとなった。敵地で、筒香嘉智外野手の所属するレイズ戦にリリーフ登板。タイブレークとなった延長10回、味方が1点を勝ち越した場面で登板。無死二塁から四球を与え、続く打者に右翼線へ2点適時三塁打を浴びて、逆転サヨナラ負け。1死も取れず、敗戦投手に。記念すべき初登板は11球、あっという間の幕切れとなってしまった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」