大谷一問一答 1死も奪えず5失点黒星「腕を振れてなかった」「切り替えて打席に」

アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

693日ぶりの投手復帰戦は1死も取れずに3安打5失点で降板、今季初黒星を喫した

■アスレチックス 6-4 エンゼルス(日本時間27日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発した。2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初、693日ぶりの公式戦登板だったが、初回1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。フォーシームの最速は152.4キロ。チームは4-6で敗れ、大谷は今季初黒星を喫した。

 フォーシームは走らず、制球も荒れた。初回先頭・セミエンの中前打、ラウレアーノとチャップマンの四球で無死満塁のピンチを招き、オルソンに押し出し四球を献上。カナには右前2点打を浴び、続くグロスマンには右前適時打を許した。ここで降板。30球を投げてストライク15球。1死も取れずに3四球3安打5失点だった。試合後は打者出場へ向けた意欲も口にした。

――今日の登板の目標は。
「勝つことが1番の目標ではありました。内容よりも」

――対外試合での登板はなかった。
「(対外試合が)ない人ももちろんいるので、それは言い訳にならないかなとは思いますね」

――フォーシームの球速が出なかった。スプリットも投げていなかった。
「フォークを投げる前に終わってしまった感じかなと思います。スライダーも。球速は特に(ない)」

――キャンプ再開後に3試合に投げた。体もメンタルも準備できたか。
「今日には一応合わせていましたけど」

――無観客で故障の恐れはあったか。
「腕がイマイチ振り切れていなかったのは全体的にあるかなと思います」

中0日で指名打者打者出場の可能性「明日以降も試合はあるので、まずは切り替えて打席に集中したいと思います」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY